柏木由紀&アイナ・ジ・エンド ドキドキ対談、貴重な添い寝姿にファン悶絶

アイドル 公開日:2021/06/04 12
この記事を
クリップ

今年7月に30歳を迎える柏木由紀。そのソロプロジェクトとして、WACK渡辺淳之介プロデュースのもと、3月に7年5ヶ月ぶりのシングルを発売し、あらたな企画としてBiSH、PARADISES、GO TO THE BEDS、EMPiRE、豆柴の大群、BiS、ASPの「WACK 7グループとのコラボ新曲を8/31(火)に7作同時リリース!」も発表され、すでにレコーディングを終えた4月下旬。


BiSHのアイナ・ジ・エンドとの二人っきりでの初対談に緊張しながらも、“ゆきちゃん”“アイナくん”と呼び合いながら、徐々にほぐれていった柏木由紀。先週は対談前編が、本日はその続きの後編が公開となった。


柏木、アイナ・ジ・エンドへのそれぞれの「ファンに対しての思い」の問いに、柏木は「自分のためにやっていることはあまりなく、(ファンの存在があるからこそ)アイドルという枠で続けていられる」と語り、アイナからは「パーフェクトガール」との賛辞を受ける。そしてアイナの回答は「私が人を殺しても味方でいてくれるって思っちゃう」とファンへの深い信頼度を吐露。「自分たち(ファン)の影響を受けずに、“自分の道を突き進んでほしい”と思っているんじゃないかな?」とアイナのファンを分析する柏木。


そして、それぞれのプロデューサーである、“秋元康氏、渡辺淳之介氏から言われた忘れられない言葉”の話に。「まな板の上の鯛になれ」と鯛と鯉を間違ってしまった柏木であったが(鯉が正しい)、秋元康氏の金言から固定概念を捨て、人の意見を聞く大切さを学んだという。


一方、アイナは「渡辺さんはどんな状況でも変わらない、自分を更新していく努力を惜しまない」とその凄さと彼に寄せる熱い信頼を語る。その後は夢の話に。


グループとしての夢はお互いに、アーティストの目指す場所のひとつ「東京ドーム」の話や、個人的な夢の話をするうちに、対談は終了かと思いきや、アイナから突然の「添い寝しますか?」に「どういうことですか?」と戸惑う柏木。


アイナの誘導で対談スペースの隣の和室で二人きりでのまさかの添い寝タイムに発展。お互いに添い寝姿を撮り合う仲睦まじい姿は、この二人の対談を仕組んだ渡辺Pの思惑をきっと超えたに違いない。


ファンだけでなく、全世界の添い寝フェチのみなさんにもこの貴重な添い寝姿をぜひ見てもらいたい(笑)。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)