NMB48 “ナンバトル”はまだまだ終わってない!?「ドラ2 VS 次世代」5番勝負

アイドル 公開日:2021/05/30 11
この記事を
クリップ

5月29日、NMB48が配信イベント「はつなつ!ナンバトル〜ドラ2VS次世代〜」を大阪難波のNMB48劇場で開催いたした。本来であれば、5月29日・30日は大阪城ホールで3つの公演(「NMB48 LIVE 2021 in 初夏〜はつなつ!ハツラツ!〜」「NMB48 次世代コンサート 〜戦わな次世代ちゃうやろっ!〜」「NMB48 白間美瑠卒業コンサート 〜みるるん、さるるん、ありがとう♡〜」)が行われる予定だったが中止(延期)となったため、急遽本イベントの開催が決定した。


サブタイトルにもあるように、今回の主役は「ドラフト2期生」の堀詩音、本郷柚巴、安田桃寧の3人。5月10日に加入6周年を迎えたドラフト2期生は、NMB48の中で中堅中の中堅というポジション。1期生の白間美瑠をはじめとするレジェンドメンバーたちに負けない存在感を出していくべく、注目度が高まっている次世代メンバー(5期生、ドラフト3期生、6期生、7期生)とバトルを展開。“ナンバトル”はまだ終わっていなかった。


イベントは2部制で行われ、NMB48のキャプテン・小嶋花梨が司会を務めた第1部は、次世代メンバーとしてドラフト3期生(安部若菜、泉綾乃、河野奈々帆、塩月希依音、杉浦琴音、中野未来、前田令子、南羽諒、山崎亜美瑠)と6期生(岡本怜奈、貞野遥香、菖蒲まりん、新澤菜央、出口結菜、原かれん)の15名が出演。ドラフト3期生の安部若菜がMCを務めた第2部は、5期生(梅山恋和、小嶋花梨、上西怜、中川美音、水田詩織)と7期生(浅尾桃香、折坂心春、瓶野神音、黒田楓和、佐月愛果、隅野和奏、早川夢菜、平山真衣、眞鍋杏樹、芳野心咲、和田海佑)の16名がドラ2の3人にバトルを挑んだ。


対決の種目は5種類。最初の対決「おバカはどっち?学力3番勝負!」は、ある条件の漢字を制限時間内に多く書く「早書き」、的確は表現と教養が試される「ことわざジェスチャー!」、お題に沿った単語を次々と言っていく「かしこ古今東西」で構成。第1部は安部と塩月、菖蒲が、第2部は水田、眞鍋、早川がドラ2の3人と対戦するが、珍回答が続出!


2つ目の「演技力対決!あんちゅさん愛してまーす♡」は、3期生の石塚朱莉を相手役にして演技力を競うという種目。第1部(ドラ2の本郷、次世代の出口、新澤、泉)では、演技力だけでなくバラエティ力もある石塚に一発ギャグなどをムチャ振りされ、洗礼を受ける形となったが、第2部(ドラ2・安田、次世代の上西、黒田、隅野)では石塚が、予想を遥かに超える演技をする後輩にタジタジとなる場面も。


続いての「最強のメンタルを目指せ!石田に物申す!」は、怒られてもくじけない心を持つために2期生・石田優美に面と向かって意見するという内容。第1部はドラ2・堀、次世代の河野、杉浦、貞野が、第2部はドラ2・本郷、次世代の中川、佐月、早川が挑戦。石田の視線に戦々恐々としつつも、石田が「私のメンタルが…」と思わず行ってしまうぐらいの思い切った発言をする姿は一見の価値あり!


4番目の「みぃーきを笑わせろ!」は、2期生・鵜野みずきを大喜利で笑わせるという対決。第1部はドラ2・安田、次世代の南、中野、岡本が、第2部はドラ2・堀、次世代の梅山、折坂、芳野が果敢に挑戦するが、笑いのツボが独特な鵜野を笑わせるのはやはり難易度が高かったようだ。


最後の対決は「難波愛を見せつけろ!NMB48イントロクイズ!」。ドラ2メンバーは全員参加で、第1部は次世代から前田、山崎、原、第2部は小嶋、浅尾、瓶野、和田が参加。NMB48の楽曲もかなりの数になっているので、難波愛が強いメンバーたちもやや苦戦!?


勝ったチームに金子剛・劇場支配人が自腹で高級スイーツをプレゼントすると約束したこともあって、第1部・第2部ともに最後の最後まで熱いバトルが展開された。


対決後は、ミニ・ライブをお届け。第1部は「OVERTURE」の後、6期生がステージに登場し、躍動感のある『ピーク』で盛り上げ、ドラフト3期生がセンター塩月で『オネストマン』を披露。そして主役のドラフト2期生は『初めての星』をセンター堀がじっくりと聴かせた。期生ごとのパフォーマンスに続いて、ドラ2の3人にドラ3の安部&塩月、6期生の貞野&新澤&原を加えた8人編成の『だってだってだって』で再びテンションを上げ、ラストは他のメンバーもペンライトを持って客席の方に現れ、全員での『ワロタピーポー』で第1部が終演。第2部のミニ・ライブも、「OVERTURE」からの7期生による初々しい『絶滅黒髪少女』で幕が開き、現在のNMB48をリードする存在となっている5期生による完成度の高い『虹の作り方』、今回の主役・ドラフト2期生の3つの個性が際立った『摩天楼の距離』と、期ごとのカラーをしっかりと打ち出していた。そして、ドラ2&5期生という最強の組み合わせで『だってだってだって』を聞かせ、最後は7期生が客席の方に登場し、ポジティブなメッセージが込められた『サササ サイコー』で「はつなつ!ナンバトル〜ドラ2VS次世代〜」を締めくくった。また最後に、7期生メンバーがTwitterを開始することも発表された。


この配信イベントは、第1部が6月5日(土)16時30分まで、第2部が6月5日(土)19時30分まで見逃し視聴が可能。(チケットの販売は見逃し視聴終了日の昼12時まで)


ⒸNMB48

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)