AKB48本田仁美 国内活動再開、チーム8全国ツアーファイナルに降臨

アイドル 公開日:2021/05/23 10
この記事を
クリップ

AKB48が5月22日、23日の2日間、ぴあアリーナMMにて「17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE」3公演を開催。23日にはAKB48 チーム8が6年かけ47都道府県を回ったツアーのラスト「AKB48 チーム8 全国ツアー 〜47の素敵な街へ〜 ファイナル 神奈川県公演『真っ青な空を見上げて』」が行われた。


前座では、神奈川県代表の小田えりながソロでステージに立ち「みなさん楽しんでいってくださーい!」と挨拶。赤と青のペンライトに彩られた会場で自身のオリジナル曲『愛のキャンプファイヤー』を歌唱した。


続けて、STU48の楽曲『暗闇』、前田敦子の楽曲『セブンスコード』を歌い上げると、続けて「まさか私が歌うなんて誰も思っていないだろうという曲を選びました」と前置きし、渡辺美優紀の『やさしくするよりキスをして』をパフォーマンス。


会場の観客は笑顔でペンライトを振り、生配信を視聴中のファンからは「選曲が意表をつかれる」「どの曲も自分のものにするのがほんとすごい」「まじで沸いた」と反響が集まっていた。そしてコロナ禍の世の中へZARD『負けないで』を贈り、ソロステージを締めくくった。


その後、小栗有以主演『マジムリ学園』より、小栗演じるリリィーと小田演じるタウゼントの出会いなどを描いたアナザーストーリー『マジムリ学園外伝-タウゼント-』を経て、いよいよ公演本編がスタート。


作曲家・井上ヨシマサによるピアノ演奏に乗せた小田の『泣きながら微笑んで』で開幕すると、優しい歌声で会場中が満たされる。続けて『10年桜』のイントロとともに他のメンバーたちが続々と登場。明るい笑顔とキュートなダンスで公演を盛り上げた。


さらに『涙の湘南』『君は僕の風』『へなちょこサポート』と立て続けにパフォーマンス。MC後、4月29日にIZ*ONEとしての活動を終了した栃木県代表・本田仁美のVTRが流れると会場にどよめきが広がった。


本田は『涙の表面張力』でステージに降臨。声援を出すことの叶わない会場のファンは力いっぱいの拍手で思いの丈をステージ上の本田へと伝え、ネット上にも「ひぃちゃんおかえり〜!!!!」「ダンサー引き連れてソロステージかっこよす!!!」「ダンスのレベル高」「日本の中心が栃木県になってしまったかのようなインパクト」「世界の本田や」と興奮の声が多く書き込まれた。


『天国野郎』や『孤独なランナー』『ごめんね ジュエル』などのアップテンポのナンバーでファンを楽しませた後には、小田と本田による『思い出のほとんど』。


小田が「ひいちゃんおかえりー!去年の神奈川ツアーだったら参加できなかったよね。今年は一緒に出演できて本当にうれしい」、本田が「私も復活うれしい!みなさんの前でこうして2人で歌えて幸せです」と声を掛け合い、2人は涙。感激のあまり声を詰まらせる一幕もあった。


17曲目の『汚れている真実』からは、『ジタバタ』『星空を君に』『蜂の巣ダンス』『好きだ 好きだ 好きだ』などチーム8の楽曲を10曲連続のノンストップで披露。最後に『夢へのルート』を全力で届け、本編は終了した。


アンコールでは井上のピアノ演奏で『長い光』を歌唱。『願いごとの持ち腐れ』の後には、次の曲の予告として岡部麟が「私たちはこの曲と一緒に、全国に会いに行くアイドルとしての活動を7年間してきました。チーム8が出来た頃は、まだAKB48の一員としてなかなか認めてもらえていないというか、悔しいと思ってて、ファンの方に認めてもらいたいと思って今までひたむきに頑張ってきました」と心境を吐露した。


続けて「チーム8のファンの方が応援してくださったおかげでリクアワで1位をとれたり、撮影可能な8にしか出来ないイベントが出来たりして、本当にうれしい。8に今まで在籍した75人全員の思いを乗せて元気よく歌いたいと思います」と宣言し、『47の素敵な街へ』を本田を含む36名でパフォーマンス。


楽曲の中では、これまでのツアーで撮影してきた46の都道府県での集合写真が次々と映し出され、メンバーが歌に乗せて都道府県名を読み上げる。最後に「神奈川ー!」という掛け声に続き、小田が「いつも応援してくださる皆さんのおかげで、47都道府県回り切ることができました!これからもチーム8は皆さんに会いに行きます!」と涙を流しながら感謝した。


その後、本田が真剣な顔で「この場をお借りして私から...」と言い出すと会場中に緊張が走る。すると本田は「ある方から手紙を預かっているのでここで読みたいと思います」といたずらっぽく笑った。


うれしくない報告を予感したメンバーからは口々に「ビックリした!」「最低だよそういうの!」と冗談交じりの非難が本田に集中。本田は「成功〜」と小悪魔的な笑みを浮かべ、「悪いやつだ」と言われながらも、小田に向き合い手紙を取り出した。


本田は代読したのは、小田の母親からの手紙。これまでの活動をねぎらう母の言葉に小田は感涙し、「お母さんありがとう」と感謝を伝えた。


ここで、小栗、行天優莉奈らが出演する映画『未成仏百物語』が夏に公開されることと、「8月8日はエイトの日2021 コンサート」開催の決定が発表。


そして最後の曲『約束よ』を全員で歌唱し、小栗が「このゴールはチーム8全75名全員で迎えたゴールだと思っています。これからも引き続き、チーム8はファイナルを迎えても前を向いて突っ走っていきたいと思います!」と卒業生を含む歴代メンバーの功績を讃えつつ宣言。全国ツアーファイナルは幕を下ろした。



17LIVE presents AKB48 15th Anniversary LIVE

AKB48 チーム8 全国ツアー 〜47の素敵な街へ〜 ファイナル 神奈川県公演

『真っ青な空を見上げて』セットリスト

〜前座〜

OA1.愛のキャンプファイヤー

OA2.暗闇

OA3.セブンスコード

OA4.やさしくするよりキスをして

OA5.負けないで

〜本編〜

『マジムリ学園外伝-タウゼント-』

0.Overture

1.泣きながら微笑んで

2.10年桜

3.涙の湘南

4.君は僕の風

5.へなちょこサポート

6.涙の表面張力

7.最強ツインテール

8.君にウェディングドレスを⋯

9.天国野郎

10.孤独なランナー

11.この涙を君に捧ぐ

12.ごめんね ジュエル

13.点滅フェロモン

14.思い出のほとんど

15.恋する充電プリウス〜恋するフォーチュンクッキー2〜

16.一生の間に何人と出逢えるのだろう

17.汚れている真実

18.ジタバタ

19.あまのじゃくバッタ

20.制服の羽根

21.星空を君に

22.思春期のアドレナリン

23.生きることに熱狂を!

24.挨拶から始めよう

25.蜂の巣ダンス

26.好きだ 好きだ 好きだ

27.夢へのルート

〜アンコール〜

EN1.長い光

EN2.願いごとの持ち腐れ

EN3.47の素敵な街へ

EN4.約束よ

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 39件)