梅山恋和『Ikenobo 花の甲子園2021』アンバサダー就任、NMB48でチーム結成し出場も!?

アイドル 公開日:2021/05/14 10
この記事を
クリップ

NMB48の梅山恋和が14日に行われた「Ikenobo 花の甲子園2021」アンバサダー就任オンライン会見に、お笑いコンビ・ミキ(昴生、亜生)とともに出席した。


『Ikenobo 花の甲子園2021』は、華道家元池坊が主催する、次世代への華道文化継承を目的とした全国の高校で華道日本一を競う日本最大の高校華道コンクールで、いけばなを学ぶ高校生3人が1チームとなり、制作した作品を発表。文化系の生徒が活動の場を見出し、地域の代表として、いけばな発祥の地、京都・六角堂で花をいける喜びを感じ、日本の伝統文化、いけばなへの学びを誇りに思うことを目的に開催する。大会は2009年から始まり、今回で13回目となる。


今大会のアンバサダーに就任したミキと梅山。昴生は「お笑い界のヒヤシンス・ミキの昴生です」と挨拶すると、亜生から「考えていたのか。さっき携帯(電話)で花を調べていたので」と暴露されて会場を沸かせ、「調べた割には0笑い…。お花は小さい頃から両親ともに好きで、(出身地の)京都でもお花に囲まれた生活をしていました」とコメント。梅山は「たくさんの方にいけばなの良さをお披露目できればいいなと思っています」と意気込みを語り、出場予定者に向けて「どういった作品を作られるのかすごく楽しみですし、期待しています。頑張ってください!」と呼びかけた。


また、今大会の開催概要を聞いた梅山は「3人1組ということで、チームワークも大切だと思うので、すごく楽しみですし、私と同世代の方たちが夢に向かって頑張っているんだと思うと、私も頑張ろうって気持ちになるので、素敵だなと思います」と目を輝かせ、梅山が現在17歳の高校3年生であることを聞いた池坊華道会事務総長の池坊雅史氏から「恋和ちゃんって高校生なんですか?ぜひ花の甲子園に出ていただきたいです。本当にぜひ!」と大会出場を熱望され、MCからも「ぜひNMBチームで」と声が飛ぶと、梅山は「お願いします!」と前向きな返答をした。


さらに、過去の同大会では、いけばな経験半年で出場したチームもあったそうで、いけばな経験の有無を聞かれた梅山は「お花が大好きで興味はあるんですけど、やったことはないので、挑戦したいなと思います」と意欲を見せ、自分自身にいけばなセンスはあると思うか追求されると「周りの意見はわからないんですけど、自分的にはあると思います」と胸を張った。


イベント後の質疑応答で、好きな花を聞かれた梅山は“紫のバラ”と答え「花言葉が“尊敬”という感じの意味で、かっこいいなと思いました」と理由を説明すると、昴生から「花言葉まで調べてきたか…」と指摘されて、梅山は「調べてきました」と白状して照れ笑い。続けて、花に関するエピソードを尋ねられた梅山は「私は小学校の頃とかお花屋さんに憧れていて、なりたいなと思っていたので、今回お花とのお仕事ができてすごく嬉しいです」と笑顔を見せた。


加えて、自身を花に例えるとなんだと思うか聞かれると、梅山は「ひまわりかなって思います。8月生まれで、めっちゃ夏生まれなんですよ。なので、自分的にはひまわりのイメージがあります」といい、亜生も「ひまわりかな。7月生まれなので」と答えると、昴生から「あかんよ!一緒でええわけないやろ。恋和ちゃんからパクるな」とツッコミが飛び、改めて亜生は「朝顔とか紫陽花とかいかがですか?紫陽花とか特に雨の日とかきれいに見えて、嫌な日だけど、それを見たら気分が良くなるみたいな人になりたいなと思います」とうまくまとめた。


一方、冒頭の挨拶で自身を“お笑い界のヒヤシンス”と称した昴生は、その理由を追求されると「(ボケなので)ノーコメントで…」と回答を避けたが、MCから「何かしらのコメントはしてください」とお願いされると、「出で立ちが明るくて、そういうところが自分と重なっていいかなと思いました。自分を見て明るい気持ちになっていただけたらなという気持ちです」と振り絞って答えた。


『Ikenobo 花の甲子園2021』は7月30日にエントリーを締め切り、11月14日に京都・池坊会館にて全国大会を開催する。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)