SKE48荒井優希、デビュー戦に向け練習を公開「みんなの気持ちを背負ってリングに立たないと」

アイドル 公開日:2021/04/28 15
この記事を
クリップ

SKE48のメンバーである荒井優希が東京女子プロレスに本格参戦し、5月4日にデビュー戦を迎えることが決定。28日、東京・御茶ノ水道場で公開練習を行い、デビュー戦(渡辺未詩&荒井vs伊藤麻希&遠藤有栖)に向け、上々の仕上がり具合を披露した。


公開練習には、トレーニングパートナーの山下実優選手、今回アイドルタッグを組む「アップアップガールズ(プロレス)」の渡辺未詩選手が参加。荒井は山下選手が抱えるミットめがけて、得意技のカカト落としを何度も試し、ボディスラム、ロープワークからショルダータックルをくらった際の受け身などを入念に確認した。


本格デビュー戦は東京都に緊急事態宣言が発令されたことに伴い、無観客試合となり、インターネットテレビ局ABEMA、「WRESTLE UNIVERSE」(英語実況)による生配信が実施されることに。荒井は「無観客はすごくさびしい。「見に行くよ」って声もたくさんいただいていたので。そんなみなさんが近くにいないのはさびしいんですけど、配信があって大会が開催されるので、そのことに感謝して。画面の向こうで見てる皆さんに伝わるように、精いっぱいリングに立ちたいと思います」とコメントした。


仕上がり具合について、山下選手からは「受け身も少しずつ取れるようになって。カカト落としもありますし、当日までしっかり仕上げていければいいなと思います。まだやれることは多くないのですが、無観客でも画面の向こうの皆さんに伝わるようにって、強い気持ちが本人にはあるので、それが伝わればいいなっていうのはあります」との言葉が。


名古屋を拠点にアイドル活動をしているため、毎日都内の道場で練習ができているわけではないが、地元にいるときはジムワークや、自宅で筋トレや倒立に励んでいる荒井。「練習がしんどいというより、名古屋と東京を行ったり来たりで、練習する時間がないことっで焦っていて。限られた中での活動になっているので、どれくらいの力を出せるのかって」とやや不安な気持ちを吐露した。


山下選手からは「カカト落としもそうですし、エルボーも当て感がすごい。気持ちも強い。限られた練習でも、濃い練習をしてると思います。それでも本人は足りないって思えるストイックさもあるので」とコメントいただき、渡辺選手からは「アイドルとして、苦しい顔とか見せにくい部分もあると思うんですけど。そのキラキラではなく、泥臭さというか。頑張る姿とか、実際に人にエルボーを当てるとか、萎縮しちゃうかなって思ってたんですけど、練習してみて、全然そんなことはなくて。本当にプロレスラーとして生きていくんだなっていうのを感じました」と話した。


21日の記者会見では、対戦相手の伊藤選手から「まだ荒井優希というプロレスラーに、さほど興味は持っていない。いまいちワクワクしていない。現状“SKE48の肩書きに救われてるだけのヤツ”にしか思えない」と辛らつな言葉を投げかけられたが、荒井は「アイドルしてるときなら絶対言われないことだから動揺しました。ファンの方も「悔しいね」って、言ってたから。みんなの気持ちを背負ってリングに立たないといけないなっていうので、すごく燃えています。技とかプロレスの技術ではすごく劣ってると思うので、自分にできることは気持ちで思いっきりぶつかりたいです」と話し、「(伊藤選手と遠藤選手と)どっちを狙いにいくか?」との問いには、「あれだけ言われたので伊藤さんです」とキッパリと言い切った。



■【大会中止・無観客大会配信】 YES! WONDERLAND 2021~僕らはまだ夢の途中~

2021年5月4日(火祝) 開場10:30 / 開始11:30

会場:東京・後楽園ホール


○プリンセス・オブ・プリンセス選手権試合

<王者>辰巳リカ vs 山下実優<挑戦者>

※第8代王者3度目の防衛戦。

○プリンセスタッグ選手権試合

<王者組>沙希様&メイ・サン=ミッシェル vs 舞海魅星&鈴芽<挑戦者組>

※第8代王者組は初防衛戦。

○インターナショナル・プリンセス選手権試合

<王者>上福ゆき vs 乃蒼ヒカリ<挑戦者>

※第5代王者4度目の防衛戦。

○荒井優希デビュー戦

伊藤麻希&遠藤有栖 vs 渡辺未詩&荒井優希

○ハイパーミサヲ&天満のどか&愛野ユキ vs 角田奈穂&小橋マリカ&らく

○原宿ぽむ&猫はるな vs 桐生真弥&宮本もか

○プリンセス・オブ・プリンセス王座次期挑戦者決定3WAYマッチ

坂崎ユカ vs 瑞希 vs 中島翔子

※この勝者が6月6日さいたまスーパーアリーナ・メインアリーナ「CyberFight Festival 2021」にて辰巳リカvs山下実優の勝者に挑戦します。


◆今大会は無料で楽しめるインターネットテレビ局『ABEMA』格闘チャンネルで実況生中継されます。

○実況:村田晴郎

○解説:小佐野景浩、三田佐代子


©東京女子プロレス

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 11件)