エビ中 新メンバーオーディション密着番組の特報公開、7000人から選ばれるのは誰だ!?

アイドル 公開日:2021/03/27 14
この記事を
クリップ

私立恵比寿中学(エビ中)が27日、YouTube公式チャンネルにて現在開催中の新メンバーオーディションの密着番組を初公開した。

 

2019年に結成10周年を迎え、アリーナコンサートや主催フェスの開催などの音楽活動のみならず主演ドラマ、ラジオパーソナリティなど幾度かのメンバー変遷を経ながら多岐に渡り活躍してきたエビ中。今回のオーディションは2018年1月以降に現在の6人体制として活動してから3年ぶり、そしてグループとして初めてのオーディション形式での開催となる。

 

当初は自らのパフォーマンススキルを「学芸会」と称しながらユニークな活動を行ってきたが、近年はメジャーデビュー以降に進化した楽曲・歌唱スキルでアイドルからもリスペクトを受ける「アイドル’s アイドル」としての評価も高く、応募総数は約7,000人にのぼっていた。

 

既報の通り、現在は書類審査を通過した参加者が面談を行う2次審査中。今回番組の#0(特報ver.)では審査中の一部模様も初公開しつつ、各メンバーがこのオーディションに対しての想いを告白している。

 

番組は4月3日(土)より土曜日21時に同チャンネルにて毎週公開。メジャーデビュー9周年当日となる5月5日(水・祝)に東京・Zepp DiverCityにて新メンバー発表となるが直前1週間は毎日番組公開される予定。

 

また、本日開催されたツアー大阪公演にて新メンバー決定公演を含む詳細が発表された。昼公演では現在休養中のメンバー安本彩花によるプロデュース公演となることが出演メンバーからMCで直接伝えられると会場からは大きな拍手が送られた。


エビ中にとって大きな節目となる1日に、メンバー・スタッフで検討を重ねた結果、出演は難しいながらも安本に参加してもらいたいという思いから生まれた企画となる。

 

最後のMCではツアーを通して一人一人の今の思いを伝えてきたが、この日は中山莉子が「今のメンバーで見れるこの景色(ファンが持つペンライトのメンバーカラー)も残り少なくなって」と思わず涙する場面がありながらも、「これから、もし黒色とか(新メンバーのカラー)が増えたら…」とこぼすと会場も笑いに包まれた。


自身も途中加入した経験を振り返り、期待と不安が混ざり合いながらも乗り越えてきた思い出と共に残りのツアーを駆け抜ける決意に、この日一番大きな拍手が送られた。

 

私立恵比寿中学は、全5か所、6公演を巡る全国ツアー『私立恵比寿中学Best at the moment series「6Voices」 』を開催中。世界的に困難が続く中、新たなエンタメを提供し続けるエビ中にご注目を。

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)