NMB48 白間美瑠が卒業を発表「最後の1期生として見届けたかった」

アイドル 公開日:2021/03/02 7
この記事を
クリップ

3月2日、大阪・オリックス劇場で開催された「NAMBATTLE〜戦わなNMBちゃうやろっ!〜」決勝大会で、白間美瑠が卒業を発表した。


この日は1月から、現メンバーを解体、新たな6チーム「LeopAje(レオパージュ)」「みっくすじゅーす」「W1N-C(ウインク)」「きゅんmart」「ちょうぜつかわE」「FRONTIER」に分かれて火花を散らした「NAMBATTLE」の最終決戦日。


「きゅんmart」が逆転優勝で幕を閉じたあと、白間がステージ前方へ。「私、白間美瑠はNMB48を卒業します」と報告した。「私はNMB48に入って11年目になり、最後の1期生になりました。1期生のみんなを最後まで見送ってから卒業しようと思っていました。悔いなくやりきった気持ちです。今回のNAMBATTLEを観て、ひとりひとりの成長や覚悟、やる気、気合、根性を近くで感じることが出来て、これからのNMB48はまだまだ楽しませてくれるなというのを凄く実感しました。卒業まで時間はありますので、ここからが本当の大好きなみなさんや、支えてくださるスタッフの皆さん、そしてメンバーへの恩返しだと思うので、11年間NMB48で学んだことを後輩へ たくさんたくさん伝えて、そして私の”難波愛”や“難波魂”をしっかり渡して、最後まで全力でかむしゃらに一生懸命走り切りたいと思います」とメッセージを贈った。会場はいつまでも鳴り止まない拍手に包まれ、NMB48の歴史の功労者である“みるるん”を労った。


なお、白間の卒業コンサートは、初夏に大阪城ホールで開催されることも発表された。





※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)