渡辺美優紀プロデュース Ange et Folletta メジャーデビュー決定、アートワークを解禁

アイドル 公開日:2021/02/24 10
この記事を
クリップ

渡辺美優紀が初めてプロデュースを手掛けるガールズユニットAnge et Folletta(アンジュ エ フォレッタ)が3月24日に1stミニアルバム『Ange et Folletta ~Danse~(アンジュ エ フォレッタ ダンセ)』を発売し、メジャーデビューすることを発表、ジャケットとアーティスト写真が解禁された。

 

アンフォレの愛称で親しまれるAnge et Folletta は2019年12月8日結成。渡辺美優紀がプロデュースを手がけ、自身も加入する2年間限定のガールズユニット。他メンバーは、3,661人の中からオーディションによって選び抜かれた6人からなる。 


アルバムタイトルの『Ange et Folletta ~Danse~』は フランス語で<天使と小悪魔>という意味のユニット名に<舞踏会>という意味の<Danse>をつけたもの。

 

ミニアルバムは5曲入りで、一部作詞を渡辺が手がける。DVDには渡辺美優紀のソロライブ「Miyuki Watanabe Christmas Premium Live 2019」の大阪公演から厳選して16曲収録したスペシャルパケージ。映像には、Ange et Follettaが結成後初めてライブで披露した『ChaChaChakka』の貴重なパフォーマンスも収録されている。今後発売イベントも発表予定なので、続報に期待してほしい。

 


<渡辺美優紀コメント>

メンバーのみんながレッスンに励む姿を見てきたので、

お披露目から1年経ちやっとデビューすることが決まり、ほっとしています。デビューアルバムは大好きな曲ばかりなのでぜひお手にとってたくさん聴いていただけると嬉しいです!

 

<Ange et FollettaリーダーAoiコメント>

全てが初めての経験でワクワクしました。

今までメンバーみんなで待ち望み、進んできた事が形になり今回のデビューはとても嬉しいです。

沢山の方が魔法にかかりますように...!

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)