“サイマジョで始まり、サイマジョで終わる” 欅坂46「THE LAST LIVE」アートワーク解禁

アイドル 公開日:2021/02/24 12
この記事を
クリップ

2020年10月に開催した欅坂46のラストライブ「THE LAST LIVE」(3月24日発売)の映像パッケージ・ジャケットアートワークが発表となった。


初日公演「THE LAST LIVE -DAY1-」はこのラストライブの口火を切ったパフォーマンス1曲目『サイレントマジョリティー』を、2日目公演「THE LAST LIVE -DAY2-」は活動休止と改名前・欅坂46として最後の楽曲パフォーマンスとなったMusic Video衣装での『サイレントマジョリティー』の写真を使用したものになっており、「サイマジョで始まり、サイマジョで終わる」という最後まで欅坂46らしく、という熱量や想いが写真から伝わってくるものになっている。


2016年4月に『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを果たし、以降も常に革新的なアイドル像を提示し続けてきた欅坂46。「THE LAST LIVE」は2020年10月12日、13日の2日間にわたって無観客配信ライブとして開催し、プロジェクションマッピングや水を使った大規模演出などさまざまなアプローチでパフォーマンスし、今でも語り継がれているライブとなっている。


欅坂46メンバーそれぞれが5年間分の思いを込めた、笑顔と涙あふれた圧巻のライブパフォーマンスと、新たな旅立ちとして披露した櫻坂46の初パフォーマンスを収録した映像商品パッケージの発売を楽しみに待とう。ラストライブに向けた舞台裏に密着したドキュメンタリー映像「Documentary of THE LAST LIVE~欅坂を登った者たち~」を収録した完全生産限定盤は数量限定となっているので早めに予約することをお勧めする。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)

関連タグ