「NAMBATTLE公演〜舞〜」3クール目、短期間での成長に審査員陣も驚き

アイドル 公開日:2021/02/23 15
この記事を
クリップ

2月15日から「NAMBATTLE公演〜舞〜」3クール目がスタート。


15日、1番手で登場したのは、1クール目と2クール目で連続して1位を勝ち取った「W1N-C(ウインク)」。メンバーはリーダーの出口結菜、石塚朱莉、岡本怜奈、川上千尋、河野 奈々帆、前田令子、水田詩織、山本望叶の8名。


ディフェンディングチャンピオンという“追われる立場”は過度に緊張してしまいが ちだが、『だってだってだって』から始まる序盤から、そのようなプレッシャーを微塵も感じさせない堂々としたパフォーマンスを見せた。 3クール目の審査員は一人増えて4名。A-NON氏(ダンサー/コレオグラファー)が「構成のキレイさ、振付のシンクロ、表情が良かった」と評し、高見健次氏(演劇プロデューサー)も「ダイナミックかつ繊細なパフォーマンス。とにかく熱量を感じました」と絶賛して、両氏共に95点を付けた。剱持嘉一・NMB48プロジェクトプロデューサーは「どうしても勝ちたい気持ちが伝わりました」と87 点。AKIRA氏は「今すぐにでももう一度見たくなる気持ちい舞台。心を揺さぶられました」と最大の賛辞と共に92点を付けた。平均90点を超える369点という高得点も納得のパフォーマンスで魅せてくれた。 


【公演直後のメンバーコメント(代表3名)】 

出口結菜:全部出し切った! アンコールも詰めこんじゃったけど、このメンバーでやり切ってうれしいです。 

前田令子:「最後のアンコールで出し切ろう」って言っていたのを有言実行できるのもW1N-Cのいいところやと思いました。 

河野奈々帆:やり切った感じがするから、今日はちゃんと寝れます(笑)。 

1/7ページ

この記事の画像一覧 (全 15件)