欅坂46、5年間の活動に終止符うった「THE LAST LIVE」待望の映像化決定

アイドル 公開日:2021/02/02 14
この記事を
クリップ

2020年10月に開催した欅坂46のラストライブ『THE LAST LIVE』が3月24日に映像パッケージとしての発売が決定した。


2016年4月に『サイレントマジョリティー』で鮮烈なデビューを果たし、以降も常に革新的なアイドル像を提示し続けてきた欅坂46。


『THE LAST LIVE』は2020年10月12日、13日の2日間にわたって無観客配信ライブとして開催し、その姿は約57万人のファンが配信で目に焼き付けており、パッケージ化が待望されていた。


本来はファンで埋め尽くられるはずだった広大な会場をフルに活用した舞台セットで2日間全く異なるセットリストのライブを展開し、プロジェクションマッピングや水を使った演出などさまざまなアプローチでパフォーマンスし、今でも語り継がれているライブとなっている。


2日間の公演と、ラストライブに向けた舞台裏に密着したドキュメンタリー映像「Documentary of THE LAST LIVE~欅坂を登った者たち~」を収録した完全生産限定盤と、各日それぞれの公演を収めたパッケージをそれぞれDVD・Blu-rayで発売となる。


欅坂46メンバーそれぞれが5年間分の思いを込めた、笑顔と涙あふれた圧巻のライブパフォーマンスと、新たな旅立ちとして披露した櫻坂46の初パフォーマンスを是非振り返ってほしい。完全生産限定盤は数量限定のため、早めに予約しよう。


カメラマン:上山陽介


※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ