ももクロ アルバム『田中将大』“未公開LIVE映像大放出祭” 第2弾限定公開

アイドル 公開日:2021/01/29 10
この記事を
クリップ

ももいろクローバーZがメジャーリーグ・ニューヨーク・ヤンキースの田中将大投手へ贈った歴代応援歌を収録したアルバム『田中将大』の購入者特典に、田中将大投手の絵柄のトレカが追加され、特典トレカ全てのデザインが決定した。さらに未公開LIVE映像大放出祭第2弾として『GET Z, GO!!!!』のLIVE映像がももいろクローバーZ公式YouTubeチャンネルにて24時間限定で公開された。


購入者特典トレカは、全7種類あり、ももいろクローバーZのソロカット4種と田中将大ソロカット1種に加え、「ももクロ集合」絵柄、「ももクロ+田中将大」集合絵柄で構成される。ももクロメンバーと田中将大がグローブやバットを持った写真が使用されている。なお、田中将大デザインの特典トレカは、東北エリアの一部店舗にて付与されるので、公式ホームページをチェックしよう。


第2弾となる未公開LIVE映像は、2018年開催の「MomocloMania2018 -Road to 2020-」の1日目にパフォーマンスされた『GET Z, GO!!!!』。2016年シーズンに田中将大投手の登場曲として起用された本楽曲は、田中将大本人がももクロと一緒に作詞を務めており、ももクロと田中将大、それぞれがステージに立つまでの気持ちや心構えを文章にし、つなぎ合わせて歌詞となった。今回も映像は24時間限定での公開となるので、見逃さないように気をつけよう。


今後も『田中将大』収録曲より公式YouTubeチャンネルにて未公開LIVE映像が公開予定なので、楽しみにしていただきたい。


田中投手は東北楽天ゴールデンイーグルス時代から、ももいろクローバーZの楽曲を登場曲として起用しており、2014年のメジャーリーグ移籍以降は、田中投手の応援歌としてオリジナルに制作された新曲が起用されてきた。現在ではオリジナル曲が7曲、ももいろクローバーZ既存曲から起用されていたのが3曲となり、田中投手の登場曲として起用されたのは全10曲となる。2014年以降のオリジナル曲は、挑戦者を後押しするような、ストレートでメッセージ性の強い楽曲が多く、ももクロのファンのみならず、根強い人気を獲得している。楽曲制作には大物ミュージシャンたちも参加しており、2019年には4人組ボーカルグループ・GReeeeN、2018年、2020年はファンキー加藤が担当している。


さらに、今作の1曲目には、ももクロのライブでは毎度欠かせない出囃子『overture 〜ももいろクローバーZ参上!!〜』も収録される。昔から、ももクロファンにとっては根強い人気を誇るライブの代名詞的な楽曲で、こちらの楽曲も初収録となる。


ライブで闘うももクロから、スタジアムで闘う田中投手にエールを贈る楽曲を集めた今作は、2月24日(水)リリースとなる。


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)