SKE48 高柳明音 野鳥撮影に初挑戦、大きな一眼レフ構える姿がエモすぎ

アイドル 公開日:2021/01/08 13
この記事を
クリップ

大の鳥好き、カメラ好きで知られるSKE48の高柳明音が本格的な野鳥撮影に挑戦。柳生博氏との共著『八ヶ岳の野鳥に逢いにきました。』(東京ニュース通信社発行)が1月7日発売された。

本書は日本野鳥の会名誉会長柳生博氏の本拠地「八ヶ岳倶楽部」(山梨県北杜市)にて、野鳥との出逢いや観察の楽しみ方など、野鳥に関する対談を中心にした内容となっている。


高柳のSNSには「カメラ女子って恰好いい!」「ちゅりさんがバエまくってる・・・」「エモエモエモ♥」とファンから大きな一眼レフ姿に多くのコメントが寄せられている。

自身も5羽のインコを飼っており、鳥専用のツイッターアカウントで写真を掲載しているが今回は初の野鳥撮影に挑戦!その素早い動きや大自然の中で生きる姿に感銘をうけたようだ。

鳥を好きになったきっかけが「昔カラスと一緒に家まで歩いて帰り、鳥がかわいいと思った」となんとも珍しい話をあるインタビューで答えているように野鳥が元々好きな彼女にとってとてもいい体験になったことだろう。


高柳の撮り下ろし野鳥写真も、ふんだんに掲載される本書は子供から大人まで野鳥を愛する全ての方に寄り添う、野鳥初心者にもおすすめの1冊となっている。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)