「絶対私のこと忘れんといてな!」村瀬紗英 NMB48卒業公演、後輩たちの背中そっと押す

アイドル 公開日:2020/12/23 20
この記事を
クリップ

NMB48の村瀬紗英が12月23日、大阪・なんばのNMB48劇場で卒業公演を行い、同期の2期生やZoomで参加したチームNのメンバーたちに見守られる中、新たなステージへと羽ばたいた。 


「村瀬紗英卒業公演」は石田優美との『抱きしめられたら』から、大人びた雰囲気でスタート。鵜野みずき、東由樹も加わり、2期生初の劇場公演『PARTYが始まるよ』でパフォーマンスした『毒リンゴを食べさせて』『空のそばにいて』の2曲を歌唱。 


南羽諒とのコント『南ダンボール製作所』も展開。YNNで生配信されていた同番組を舞台で披露した。10月から体調不良で休養していた 南は復帰したばかり。セリフがおぼつかず村瀬がリードする一幕もあり、客席から笑い声が響く。最後に南は卒業のプレゼントと段ボールで作ったネックレスを村瀬に贈った。コント終了後、「久しぶりだったので緊張しました」と南。作業着姿の村瀬もこれで見納めとなった。 再び、2期生で『ホワイトデーには…』『星空のミステイク』を歌唱。楽曲の最後には村瀬へのサプライズで「キュンです!」という2期生からのメッ セージもあった。 卒業セレモニーでは、チームNのメンバー10人もZoomで出演。ファンの皆さんからの贈り物やイラスト、メッセージが紹介され、川上千尋が代表して卒業証明書を読み上げ、卒業の証として劇場ロビーに飾られる金のネームプレートも村瀬に贈られた。 


そして村瀬があいさつ。「最後にNMB48劇場で公演ができて本当にうれしいです。劇場公演がなかったら今の自分はなかったと思うし、私にとってはなくてはならない存在です。生のパフォーマンスはパワーをもらえるし、NMB48も劇場公演を通してずっと発信し続けてほしいと思います。私は今日で卒業するけど、落ち込んだときはNMB48にパワーをもらおうと思っています。9年半、つらかったことや悔しかったことも いっぱいあったけど、ファンの皆さんのおかげで乗り越えられたし、うれしいことも幸せも倍になりました。これからも進んでいく道も、ずっと花道だけ歩いていけるように、皆さんとずっと手をつないで、楽しいことを倍にしていきましょう」と笑顔を見せる。 続けて「やり切ったと思えるまでNMB48にいれたことが本当にうれしいし、NMB48にいた輝きを忘れずに頑張っていくので、これからも見守ってく れたらうれしいです。これからもよろしくお願いします。今日はありがとうございました」と深々と一礼した。 


卒業していく村瀬を前に川上は、目に涙をためて「紗英さんがいなくなって不安がないといえば嘘になりますが、これから紗英さんがNMB48やチームNを見たときに安心するよ、かっこいいよって言ってもらえるよう、紗英さんが残してくれたものを守りつつ、大きくしていきたいと思います。ありがとうございました」と伝える。そんな川上に「ちっひーは頼もしい。何も心配ないです」と村瀬、思いを受け止めつつ、NMB48を背負っていく後輩たちのそっと背中を押した。 


村瀬が最後に選んだ楽曲は『初めての星』。前向きな歌詞のとおり、村瀬は明るく元気な声で、しっかりと前を向いて歌唱した。 最後に「ここで終わるのが自分でも信じられないけど、NMB48の村瀬紗英になれてほんとうによかったです。1日1日、1分1秒がキラキラしてい た9年半でした。嬉しいことも悔しいことも全部が思い出です。ここまで見守ってくれてありがとうございました。本当に幸せ者です。ありがとうございました!」と、晴れやかな笑顔を浮かべる村瀬。ステージから去り際に「絶対私のこと忘れんといてな!」とお茶目な一言を残して、NMB48としての活動に幕を下ろした。 


【セットリスト】 

01:抱きしめられたら 

02:愛しさのdefence 

03:毒リンゴを食べさせて 

04:青空のそばにいて 

YNN企画 

05:ホワイトデーには… 

06:星空のミステイク 

07:自分の色 

08:初めての星


ⒸNMB48


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 9件)