ファン涙腺崩壊、日向坂46『青春の馬』で休養中 松田好花にエール

アイドル 公開日:2020/12/09 17
この記事を
クリップ

9日放送された『2020 FNS歌謡祭 第2夜』に日向坂46が出演。応援ソングとしてファンの間では人気の『青春の馬』を披露した。本楽曲は4thシングル『ソンナコトナイヨ』のカップリングとして収録されており、休養中だった濱岸ひよりの復帰作としても知られているが、今回は松田好花に向けて歌われたことで感動を呼んでいる。


松田は、眼科系の病気で9月に入院加療であることを報告、10月に無事退院したが、当面活動を休止している。パフォーマンス前に小坂菜緒は、「松田好花が過去のライブで踊っていたソロダンスの振り付けを曲中に入れているので、そこに注目して観ていただきたいです」とメッセージしたように、松田のソロダンスのパートをメンバー全員で踊った。最新曲『アザトカワイイ』のパフォーマンスでは、最後に佐々木美玲が満面の笑顔で「がんばって」とエールを贈った。その光景にファンも「このちゃん復帰に向けて頑張れ〜 」「感動しかない 」「このぴーのソロダンス入ってるの最高すぎたしこさかな強かったわー 」「青春の馬披露は熱すぎる!!! 」などなど大いに沸いている。


メンバー一丸となって強く、そしてしなやかに優しくエールを贈る、日向坂46らしい結束力が垣間見れた、心震えるパフォーマンスだった。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)