26時のマスカレイド ニューシングルは「乙女な一枚」、初主演ドラマの“ヒザ”にも注目?

アイドル 公開日:2020/12/02 15
この記事を
クリップ

“読モBOYS&GIRLS×Zipperアイドルオーディション”を経て2016年10月に結成した5人組アイドルグループ・26時のマスカレイド、通称ニジマス。2020年2月より初の冠番組をスタートさせ、6月には史上初の新メンバーを迎えるなど勢いに乗る彼女らが、12月2日にニューシングルをリリースする。


表題曲『二人だけの初めてをもっと』をはじめとする“恋愛三部作”を謳う今作は、『それは素敵な、ノヴェレッテでした』『アイスティーラブ』を加えた3曲を中心に構成。


この3曲を主題歌・挿入歌・エンディングテーマに起用した初主演ドラマ『君の名前を好きって書いた』では演技初挑戦とは思えぬ高い表現力を披露する彼女らの魅力に迫るべく、ドワンゴジェイピーnewsでは江嶋綾恵梨、森みはる、中村果蓮の3人にインタビューを行った。



──まずは今作のコンセプトを教えて下さい。


江嶋:今回は私たちの初主演ドラマ『君の名前を好きって書いた』の主題歌・エンディング・挿入歌に使われている恋愛三部作です。恋愛の曲という点はすべて共通しているんですが、かわいい感じだったりバラードだったりとそれぞれ違う曲調を集めた乙女な一枚。特に『それは素敵な、ノヴェレッテでした』はドラマの内容とシンクロしているので、ドラマを観ていただいた方はぜひ意識して聴いてみてください。


中村:ドラマを観ていた方もそうでない方も、共感できる内容だと思います。私は『アイスティーラブ』のポップな曲調が特にお気に入りです。


森:3曲がそれぞれ違ったイメージの曲なので、切ない曲ばかり聴いたあとにはキャピキャピな曲を聴くなど、バランス良く楽しめます。それと『二人だけの初めてをもっと』の1番のBメロで来栖りんが歌っている「私だってもっと初めてをあげたいのあなたに」という部分がMVの表情込みでかわいいんですよ!そこは歌割りが決まる前からかわいいと思っていたんです。


──本当は森さんが自分で歌いたかった?


森:はい(笑)。でも仕上がりを観たら大満足でした(笑)。



──『二人だけの初めてをもっと』のMV撮影はいかがでしたか?


江嶋:これまでのMVはダンスシーンとリップシーンをメインに作られていることが多かったんですが、今回はストーリー性のある内容です。演技をするシーンも多かったのでぜひ注目していただきたいですね。みんなでワチャワチャ楽しんでいるところも多くて、ただ単に楽しい撮影でした(笑)。


森:台本で「森、駄々こねる」みたいな指示があったんですよ。「じゃんけんする。森が負ける」とか。私をイジるような指示が多くて、MVでもそういうやつやるんだ!って思いました(苦笑)。自然に撮っていると思うかもしれないけど、一応台本があるんですよ!


江嶋:キャラが出てたよね(笑)。2人ずつのペアがあったんですけど、5人グループだから余った私は「なにするんだろ?」って思ってたら、「エプロンつけてご飯作る」「花火持って『花火しよ』って言いに行く」みたいな、母キャラでした(笑)。音は使われないので、自由に喋りながらやってましたね。


中村:私は、加入してから2回目のMV撮影だったんです。初めてのときになにもかもがわからなすぎたので、2回目はかわいく映れるように頑張ろうと思っていたんですけど、現場についてからすっごい蚊に刺されちゃって...。足もパンパンに腫れ上がっちゃって、かわいく映るどころか集中できないくらいのかゆさでした(笑)。夕方になる頃には落ち着いたので、部屋のシーンの辺りからはちゃんと映れてたかと思います(苦笑)。


──大変でしたね(笑)。初めてのMV撮影よりうまく出来た部分はありますか?


中村:リップシーンで、歌詞に合わせた手の動きを入れられるようになりました!前は口だけしか動かせなかったんですが、仕上がりを見たら自分だけ慣れていない感じがしてしまっていたので、今回はみんなの真似をして頑張りました。


1/4ページ

この記事の画像一覧 (全 10件)