ファンとのバーチャル共演に感涙、“フィロのス” オンラインライブ大盛況

アイドル 公開日:2020/11/19 3
この記事を
クリップ

FUNK・SOUL・DISCOのグルーヴに、哲学のエッセンスを加えた歌詞、そしてコミカルで個性的なダンスを武器に数々の音楽ファンをうならせてきた四人組アイドル フィロソフィーのダンスが11月19日に「Philosophy no Dance  “World Extension”」と題したオンラインライブを開催、大盛況のうちに幕を閉じた。


本公演は、ドームクラスのライブを始め、リアル/バーチャル問わず様々なアーティストを手掛ける新進気鋭の演出家・渡辺大聖が全面プロデュース。どのようなライブになるのか開演前から期待が高まる中、キラキラとしたアーチと、ネオン管のロゴが輝くゴージャスなバーチャルセットをバックに初っ端から『ダンス・オア・ダンス』で視聴者を全力で“躍らせる”パフォーマンスを披露。間髪入れずに始まった『ライク・ア・ゾンビ』、そして“Why”の文字が浮遊しアンニュイな世界観が際立った『なんで?』と、瞬きもはばかられるようなライブを展開した。


つづく『オプティミスティック・ラブ』では事前に募ったファンがそれぞれの場所からリモートで参加。なかなか直接会えないご時世の中、念願の機会に「みんなの顔見ると…なんか泣いちゃう」とメンバーの奥津マリリは涙をにじませた。曲中では背景に写ったファンと一緒にダンスを踊り、ステージ上で共演。ファンとライブで一緒に踊りたい!という気持ちで準備したという本曲はこの日が初披露とは思えない程の一体感を見せ、メンバーもファンも感無量の一曲となった。


中盤ではがらっと雰囲気を変えて、ドレスに着替えバーカウンターにてアコースティックセットを披露。バンドマスターにKey.福田裕彦、Bass.千ヶ崎学、Per.早藤寿美子というお馴染みのバンドメンバーを迎え、日向ハルのソロ曲『いつか大人になって』や、この日のためにコーラスアレンジを加えた『シスター』など、しっとりとした歌で魅了した。


そして最後には再びメインステージに移動。メジャーデビュー曲『ドント・ストップ・ザ・ダンス』、インディーズ時代からの人気楽曲『ダンス・ファウンダー』と、オンラインとは思えないほどの盛り上がりを作り上げこの日の公演は幕を閉じた。


アーカイブの視聴チケットは引き続き販売中。フィロソフィーのダンスが提案する新たなライブの形を是非体験してみよう。


Photo by yusuke satou

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)