乃木坂46 26thシングル選抜発表、山下美月が初めてセンターに抜擢

アイドル 公開日:2020/11/16 77
この記事を
クリップ

15日深夜放送の『乃木坂工事中』(TVA/TX)で、26thシングル(1月27日発売)の選抜発表が行われた。


番組予告欄に「26thシングルの選抜発表」と告知されるとファンが沸き、その盛り上がりは、Twitterのトレンドワードに「#選抜発表」が入るほど。グループのエースとして牽引した白石麻衣が卒業し、新体制となる最初のシングルでもあり、動向が注目されていた。


白石麻衣のラストシングル『しあわせの保護色』以来、約9か月ぶりとなった選抜発表、その注目のフォーメーションは前作より3人少ない19人で編成される。


3列目左から、新内眞衣、清宮レイ、田村真佑、星野みなみ、筒井あやめ、岩本蓮加、高山一実。2列目左から松村沙友理、遠藤さくら、大園桃子、堀未央奈、与田祐希、賀喜遥香、秋元真夏。そしてフロントは5名、左から生田絵梨花、梅澤美波、右から齋藤飛鳥、久保史緒里、そしてセンターには山下美月が初めて選ばれた。初選抜は、清宮レイと田村真佑の4期生2名となった。


山下は「衝撃的でもあるし、実感が沸かないんですけど、これから乃木坂46がどうなっていくかとか、どういう風に戦っていくかみたいなものを、しっかり考えてなきゃいけない時期なので、いつまでもこのままではいけないと3期生自身が多分一番強く思ってたし、その時に3期生が隣にいるのは(梅澤と久保)心強いですし、この期間もお互い支え合っていけたらいいなって思います」と気を引き締めていた。


番組放送後、山下はオフィシャルブログを更新、タイトルは「前を向く( ˙꒳˙ ) 」。不安でいっぱいになりながらも並々ならぬ覚悟を持って臨む気持ちが切々とつづられている。


この布陣で10年目の乃木坂46はどんな進化をみせるのか?大いに期待したい。



※本記事は掲載時点の情報です。