乃木坂46 山下美月『anan』に「齋藤飛鳥を深く知る企画」を提案

アイドル 公開日:2020/11/07 24
この記事を
クリップ

最先端のカルチャーとトレンド、全ての「女性の好きなこと」の今を発信し続ける『anan』が、創刊50周年を記念し、「シブスクフェス」こと、「SHIBUYA SCRAMBLE FESTIVAL 2020 Produced by anan」(2020年10月 29日(木)〜11月11日(水)まで)を渋谷スクランブルスクエアにて大規模に開催している。


11月7日(土) には渋谷ストリームにも会場が広がる形で、特別ゲストによるスペシャルステージが両会場にて実施され、加治ひとみ、佐久間由衣、松井玲奈、松本まりか、横澤夏子などの豪華出演者に加え、乃木坂46からも齋藤飛鳥、久保史緒里、山下美月、賀喜遥香が登場した。


「anan Fes.PART4」「女子の流行モノ!’20秋 乃⽊坂46 マイブーム名鑑」に登壇となった乃木坂46の4人は、早速今冬のトレンドアイテムを取り入れ、さらに自分らしさをアピールするファッションでウォーキングを披露。


今回のテーマでもある「マイブーム」について問われると、山下は「ネコ」と答え、久保から「写真集の表紙もネコだもんね」とのツッコミが。そんな久保のマイブームは「ハイキュー!!」。バレーボール男子たちのチーム戦での言葉や思いは、乃木坂のグループ活動にも活かされているという。


賀喜は「豆腐」と回答しフワッとしたレシピを紹介するも…、同じく豆腐好きな山下が「かっきーより私の方が!」と得意の「豆腐ライス」レシピを紹介し記者団を沸かせる場面も。


そして、齋藤はマイブームについて「フィルムカメラのCONTAX T3」と回答。ところが、「正直、全然持ち歩いて無いんですけど(笑)」と続けたため、会場は大きな笑いに包まれた。「今後はもうちょっと持ち歩きたいし、メンバーの楽しそうな表情を撮りたいと思います」とすると、山下が「撮ってほしい!」と反応したため、今後の展開への期待も高まった。


イベントの最後には「今後の誌面でやりたい企画」とのテーマになり、これに山下が「齋藤飛鳥さんを知りたいです!結構な秘密主義なんでカメラにハマってるのも知らなかったですし。メンバーが齋藤飛鳥を深く知る企画!齋藤飛鳥というカルチャーを世界に向け発信する企画がやりたいです!」と切り出し、会場も好反応となったため、「企画の実現に向け本格的に動くのでは!?」という最高の雰囲気のままステージは幕を閉じた。


今後の誌面にも、そして次なる半世紀のスタートとなる企画も見逃せない『anan』。「SHIBUYA SCRAMBLE FESTIVAL 2020 Produced by anan」は11月11日(水)まで開催される。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 31件)