乃木坂46 白石麻衣『CDTVライブ!ライブ!』でテレビラストステージ、サプライズに大粒の涙

アイドル 公開日:2020/10/26 19
この記事を
クリップ

10月28日(水)の卒業コンサートが間近に迫った26日、白石麻衣がテレビでのラストステージとなる『CDTVライブ!ライブ!』(TBS)に出演した。


パフォーマンス前にどんなステージにするか、スタッフと必ず打合せするというスタンスで、唯一無二のステージを創り上げている同番組。白石をはじめ、秋元真夏、生田絵梨花、高山一実との打合せで番組から「白石麻衣歴代センター曲メドレー」という提案がなされると、白石は目を丸くして「最初で最後くらい。逆にちょっと不安」と笑顔を見せると、「全部センター、まいやん」と噛み締める秋元。先ずは初のセンター曲『ガールズルール』、この曲については「ライブでは一番、ファンの方が盛り上がってくれる曲です」と話すと、生田が「まいやんのライブの掛け声が超好きでした。“神宮ー!叫べ―!!”とか、めちゃくちゃカッコいいんです」と振り返った。2曲目は『今、話したい誰かがいる』。白石は「私が一番好きな曲。この時のオリジナルメンバーって半分くらいもう卒業しちゃって、なかなかライブでも演る機会がなくっなっちゃた曲なので、こうやって最後にテレビで披露できるのは嬉しくて、これは長く歌いたい」と希望を寄せた。そして初めてレコード大賞を獲得した『インフルエンサー』。秋元は「今までの披露の中で一番揃ってる自信があって、賞も獲ってないのに“頑張ったねー”って言い合ったのを思い出します」と語った。この3曲に、『シンクロニシティ』と『しあわせの保護色』の5曲をメドレーすることが決まったが、最後の曲で白石には内緒でサプライズを仕掛けることを3人で相談。『しあわせの保護色』のミュージックビデオのように白石に花を渡すという一発勝負を決行することに。


「約9年間応援してくださったみなさん本当にありがとうございました。今日は感謝の気持ちを込めて精一杯パフォーマンスします」と挨拶した白石。『ガールズルール』では、ライブでの煽りの臨場感さながらの「テレビの前のみなさん盛り上がっていきますよー!」と笑顔で最後の煽りを見せると、白石の歴史そのままに、思い出がよみがえる全力のパフォーマンスを見せた。そして『しあわせの保護色』では、白石が前列のフォーメーションへ移動した隙に気付かないように薔薇の花を各メンバーが回して、生田、齋藤飛鳥、高山、星野みなみ、和田まあや、秋元が左手に隠しながらスタンバイ、サビ前で生田が肩をポンと叩き花を渡すと、大きな瞳をぱちくりして驚く白石、次々花を受け取るうちにいつの間にか泣き顔になってしまう。曲が終わる頃には大粒の涙をこぼす白石は、また泣き顔になるのを必死でこらえていた。スクリーンには樋口日奈と、松村沙友理からの手紙も映し出され、メンバー全員で最後のテレビパフォーマンスを盛り上げた。


乃木坂46 白石麻衣の卒業まであと2日だ。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)