「HKT48 劇団はじめます」 劇団ノーミーツが全面サポート

アイドル 公開日:2020/10/19 2
この記事を
クリップ

HKT48・劇団ノーミーツはこの度、企画・プロデュース・脚本・演出・⾐装・美術・⾳響・映像・配信・広報・出演の全てをHKT48メンバーが担うオンライン演劇公演プロジェクト「HKT48、劇団はじめます。#劇はじ」を始動することを発表した。


このプロジェクトはアイドルの無限の可能性を⽰すものになる。2⽉末に予定している公演に向けてHKT48メンバー達がそれぞれの役職に分かれ、企画・脚本・演出・宣伝・上演など全て担当。公演の実施にあたって、フルリモー ト劇団「劇団ノーミーツ」の劇団員がサポートメンバーとしてHKT48メンバーとともにプロジェクト を進める。


公演の詳細等については近⽇発表予定。 


■株式会社Mercury代表・前⽥治昌からのコメント 

劇団ノーミーツ主宰の広屋さんは、舞台やミュージカルを⼀緒に⾒に⾏く観劇仲間の⼀⼈です。 『いつか⼀緒に楽しいことをしたいね!』という数年越しの夢が現実となりワクワクしています。 作品に関わる役割を⾃分で選んだメンバーたちが、ノーミーツさんとの作品制作を経験する中で、ア イドルグループ「HKT48」の可能性をより多彩に広げてくれることにとても期待しています! 


■劇団ノーミーツからのコメント 広屋佑規(劇団ノーミーツ主宰・株式会社Meets代表) 

HKT48の皆さんとご⼀緒すると、そのプロフェッショナルさに驚かされます。プロのアイドルである皆さんが、培ってきた表現⼒を活かしがら“⾃分たちが主体となり”オンラインで演劇をつくる。裏⽅であるスタッフも担う。この無謀な挑戦を、HKT48の皆さんなら乗り越えられるかもしれないと、 プロジェクトを⽴ち上げました。当然経験もなく、失敗するかもしれません。ただこの公演の先に、 新たな令和のアイドル像すら⾒えるかもしれない。そんな希望を持ちながら、ノーミーツで⽀えていきたいと思います。応援よろしくお願いします! 


林健太郎(劇団ノーミーツ主宰・企画・プロデュース) 

HKT48の皆さんと劇団ノーミーツで⼀緒に何ができるのか。悩んで悩んだ末に「彼⼥たちにしかつ くれない公演を、彼⼥たち⾃⾝の⼿でつくる」プロジェクトを企画させて頂きました。アイドルは、 歌やダンスを届けることを⽣業とするプロの表現者であり、クリエイター。その⼒はきっと「いやい やアイドルが作る作品なんて、、」と思っている⼈たちの価値観を揺るがす作品を⽣み出す。そう信じて、⾃分たちも全⼒で⽀えます。皆さんの可能性が広がる数ヶ⽉間となりますように。やったりま しょう! 


⼩御⾨優⼀郎(劇団ノーミーツ主宰・脚本・演出) 

丹念な観察と綿密な取材によって、脚本家は登場⼈物としてアイドルを描き出すことができるかもしれませんが、今を⽣きるアイドルは何を作りたくて、何を伝えたいと願うのか、その衝動まで知ることはできません。アイドルだからこそ書ける、HKTの皆さんにしか書けない物語を第⼀の読者として読めるのが、今から楽しみです。 


梅⽥ゆりか(制作・プロデュース ) 

プロデューサーという⽴場は、最⾼の成功を妄想して、最悪の失敗を想定して、公演に関わる全ての ⼈に向き合い最⾼を実現するために奔⾛します。すごくしんどくて、けれどその分、終演したときに ⼀⽣忘れない程の「やってよかった」を味わえると思っています。#劇はじ でプロデューサーがどな たになるのか、まだわかりませんが、最⾼を突き詰めれるよう私もプロデューサーと向き合って、伴⾛していきたいと思います。


⼩野寺正⼈(宣伝・広報) 

「発信することのプロ」であるメンバーの皆さんが、⾃分たちで作った公演をどうやって世の中に伝え、広げていくのか、とても楽しみですし、成功も失敗も全て⾃分のものになるこの公演をメンバー の皆さんにも楽しんでほしいです。僕もHKT48の皆さんからたくさん学びたいと思っています! 



※本記事は掲載時点の情報です。