日向坂46 松田好花が退院を報告「少し安心しています」復帰は暫く先に

アイドル 公開日:2020/10/02 9
この記事を
クリップ

目の不調を訴え、入院加療中だった日向坂46の松田好花が2日、公式ブログを更新、退院したことを報告した。


松田は「いつだって未来は味方だ! 」と、日向坂46の1stアルバム『ひなたざか』のキャッチコピーを引用したタイトルで、「眼の病気を患ってしまい、しばらく入院して治療していたのですが、眼の症状は快方に向かい、本日無事退院を迎えることができました。大事には至らず、今は少し安心しています。たくさんのご心配とご迷惑をお掛けしてしまいごめんなさい。」と、無事退院したことをファンに報告。重ねてファン、メンバー、スタッフへ「皆様の優しさに涙する日々でした。」と、感謝の意を伝えた。


今後は自宅で静養し、復帰までにはまだ時間要するとのこと。「万全な状態で皆様の前に復帰できるよう、引き続き治療に励んで、自分の体調と向き合いながら日々安静に過ごしていきたいと思っています。お待たせしてしまうかも知れませんが、待っていてくださると有難いです。(中略) 日向坂と皆さんのことが大好きです!!!! じゃあね( ᐛ )٩ 」と可愛い絵文字で締めている。


松田は9月21日に、眼科系の病気だと診断され入院、加療を続けていた。

※本記事は掲載時点の情報です。