「気持ちは一つだよ 僕らは心でつながっている」森のんの、SAY-LAを卒業

アイドル 公開日:2020/10/01 5
この記事を
クリップ

リーダーの藤沢泉美と共にSAY-LAを活動初期から支え続けてきた"アイドルサイボーグ"こと森のんの。彼女が、新たなる夢へ踏みだすためにSAY-LAの卒業を発表したのが、6月のこと。そのときから、8月に発売した5thシングル「感情リバーシブル」のリリースイベント終了後に卒業公演を行うことを伝えていたが、その日がついにやってきた。

 

9月27日(日)、品川ザ・グランドホールを舞台に『I-GET祭@品川ザ・グランドホール 森のんの卒業SP』と題し、森のんのの卒業公演が行われた。この日は、初お披露目となったQnto syrup・HOT DOG CAT・READY TO KISSと、同じ事務所のグループが共演する形で全面サポート。当日の模様を、ここにお伝えしたい。


Qnto syrup

トップを飾ったのが、この日がデビューステージになるQnto syrup。楽曲は、愛らしい4人に似合う、明るく軽やかに弾けたポップチューンからスタート。恋する乙女の淡い青春模様を歌う「ふわふわパステル」。力強く躍動するロックな演奏に乗せ可愛く歌った、冒険心くすぐる「パステリア物語」。4人の性格を真っ直ぐに投影したキラキラ輝く開放チューンの「恋のリトマス試験紙」。Qnto syrupの音楽性は、まさに王道I-GETスタイル。つまり、少し弱気だけど、夢を追いかける気持ちを忘れずに輝こうとする、正統派な乙女アイドルソングを歌うグループ。ぜひ、彼女たちの世界に触れ、キュンと甘いときめきを覚えて欲しい。

            

HOT DOG CAT

前日に、大原莉奈の卒業も発表。でも、HOT DOG CATは何時だって明るい笑顔を振りまく存在。その姿勢を示すように、ライブは気持ちのボリュームを一気にアゲる「オリンピック・ハイテンション」から始まった。駆け上がるようなテンション高い演奏に乗せ、愛しい人への想いを告白するように愛らしく歌った「オフィーリア」。11月17日にシングル発売も決定。披露した「楕円形メリーゴーラウンド」は、冒頭から超高速回転でまわるメリーゴーランドのような、危険だけどドキドキが止まらないハードポップなメロロックチューン。この歌に触れていると「進め!進め!」と一緒に叫びたくなる。最後にHOT DOG CATは、自分たちの姿勢を投影した「キラキラ☆ポジティブ」を歌い、キラキラ輝く熱狂のバトンを先輩へ渡していった。


READY TO KISS

トリ前を飾ったREADY TO KISSのステージは、旅立つ大切な人への愛しい想いや淋しさを、甘い優しさで包み込みながら歌う「フェアウェル・チョコバナナパンケーキ」からスタート。この日の彼女たちは、卒業する森のんのへ向け、旅立ちのエールを送る曲たちを中心にセレクト。続く「その先の未来へ」も、メンバーの旅立ちをきっかけに生まれた卒業ソング。何度もメンバーたちの卒業を経験してきたグループだからこそ、いくつもの前向きなエールソングを歌えるのも、彼女たちの歩みが積み重ねた一つの奇跡。最後は、森のんのへ「好きだよ」「俺もー」と愛らしい想いを贈るように「Chu Chu」を熱唱。READY TO KISSは、大好きな森のんのへの想いを3つの愛のこもった歌に詰め込み、卒業の言葉として贈ってくれた。

最後にREADY TO KISSは、3人の新メンバーもお披露目。10月20日にTSUTAYA O-EASTで行うワンマン公演から、READY TO KISSは9人編成で活動を始めることも伝えてくれた。

1/3ページ

この記事の画像一覧 (全 36件)