虹のコンキスタドール、無観客ワンマンLIVEで大発表続々

アイドル 公開日:2020/09/12 10
この記事を
クリップ

今年6/17に発売した虹のコンキスタドールのアルバム『レインボウグラビティ』を引っ提げたツアー『“RAINBOW GRAVITY” THE SUMMER TOUR 2020』を7月から開催を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大の影響を鑑みて開催中止となった。 そこでツアーファイナルである9月12日に、東京・豊洲 PITより、ツアーFINALの代わりに【無観客配信ライブ『無観客”Summer”ワンマンLIVE The Beginning of 12Stories』】を実施した。


9/16に発売のサマーシングル『サマーとはキミと私なりっ!! 』はもちろん、カップリングの2曲を初披露し、ツアーで回る予定だった場所にちなんだ歌詞にアレンジをしたご当地メドレーなどを含み、全33曲を披露し、 大いに盛り上がった。


アンコールにサプライズとして、冬のニューシングル『恋・ホワイトアウト』の発売を発表。更にこの曲は 「冬スポ!!WINTER SPORTS FESTA」CMソングに決定、4年連続で冬スポCMソングとなる。そして10月より定期配信ワンマンライブも決定。第一弾は10月18日(日)開催であることも発表された。 9月16日(水)にはサマーシングル発売を記念してLINE LIVE生配信も決定しており、9月12日ワンマンライブのアフタートークに加え、更 にサプライズの発表があるなど、盛りだくさんの内容でお届けする。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)