NMB48、200日振り有観客公演で7期生お披露目&大阪城ホール2DAYS公演を発表

アイドル 公開日:2020/09/12 13
この記事を
クリップ

9月12日、大阪・NMB48劇場で『こじりんの部屋〜7期生お披露目〜』が行われた。今年2月25日の公演を最後に、新型コロナウィルス 感染症対策のため生誕祭やイベントを無観客配信で行ってきたが、この日より劇場再開、200日ぶりの有観客公演となった。 


チケット争奪戦をくぐり抜けた34名の観客に見守られるなか始まった『こじりんの部屋〜7期生お披露目〜』。幕が開けると、キャプテン小嶋花梨と、 前田令子がステージに。「お久しぶりです! 嬉しいね〜!」と大きく手を振る小嶋。観客のいる会場に「一歩前に進んだ感じがします」と前田も感 慨深い表情を浮かべた。「私たちは‟会いにいけるアイドル“でやってきたから、やっぱりこれよ」と小嶋、客席で光るペンライトと拍手にも満足げだ。 NMB48 7期研究生の紹介の前には、1期生の白間美瑠と吉田朱里、先日行われた「難波鉄砲隊其之九メンバー投票企画」で鉄砲隊入りを果たした鵜野みずき、山本望叶、横野すみれもステージに呼び込んだ。彼女らも出てくるなり客席を見渡し、「久しぶり!」「嬉しい!」と喜びの声を上げる。そして7期生の登場が楽しみと口々に語った。 


いよいよ7期生を迎えると、「皆さん、初めまして。NMB48です」と全員で挨拶。7期生は11名いることから、ソーシャルディスタンスを保つため2グ ループに分かれて『夢は逃げない』を歌唱。フレッシュながらも堂々したパフォーマンスを見せた。 続いて、「アカリンの部屋」「なぎさの部屋」でおなじみとなった白いソファーが用意されるとそこに小嶋が座り、7期生の自己紹介へ。 7期生はキャッチフレーズと特技をアピール。トップバッターは東京都出身で高校2年生(16歳)の「もっちゃん」こと浅尾桃香。「東の都からおてんば娘がどんぶらこ〜どんぶらこ〜 あっちもこっちももちもち(もっちゃん)」と先陣を切り、ぐるぐるバット10回まわってからの二重跳びを披露した。大阪府出身で18歳の「こはたん」こと折坂心春は「みんなの心を小春日和に キラキラ笑顔の(こはたん) こはたんしか勝たん」。特技は新体操経験を生かしての高速ブリッジ歩きで、早くもインパクトを与えた。兵庫県出身で中学1年生(13歳)の「じおん」こと瓶野神音は「ほら! 神様の音が 聞こえるよ!(じおん) 神音の国にいらっしゃい」。特技は長台詞の「外郎売り」、キャラの濃さでも惹きつけた。鳥取県出身で高校1年生(15 歳)の「ふわりん」こと黒田楓和は「星はきらきら〜砂はさらさら〜 じゃあふわりんは?(ふわふわ〜) よそ見しちゃいけんだえ」と鳥取弁まじりの自己紹介を。「特技は円周率50桁を暗唱 」。たどたどしく暗唱するも、途中でアウト。「言えなかったらやる」と暗唱前に公約した、吉本新喜劇座長・すっちーの謝罪のモノマネを真顔で披露した。 


続いては佐月愛果から。大阪府出身で高校3年生(18歳)の「あいぴ」こと佐月愛果は「ぴっぴっぴ! みんなのすきぴは?(あいぴ) あなたのお姫様にしてください」。特技はユニバーサルスタジオジャパンのアトラクション『ジョーズ』のクルーの完コピ。大阪府出身で高校2年生(17歳)の 「わかニャン」こと隅野和奏は「あなたのハートにネコパンチ?? にゃんにゃん(わかニャン) みーんなを根こそぎ招きたい!」。特技は「10秒で動 物の絵を描くこと」で小嶋からもらったお題「ロバ」を早描き。出来上がった不思議なイラストには、先輩メンバーたちの間で衝撃が走った。大阪府出身で高校3年生(17歳)の「ゆななん」こと早川夢菜は「ゆなってなんなん? ゆななんなん? み〜んなの夢の中にも?(ゆななん)」。バレエ経験があり、フェッテという回転技を披露した。大阪府出身で高校3年生(17歳)の「まいてぃー」こと平山真衣は「みなさんが好きなのは? ビュー ティー? キューティー? それともオール?(まいてぃー) オールマイティーな女性になりたい」。特技はゴルフのパター、全然ホールインしないというアクシデントに直面しながらも、何とかと切り抜けた。 


最後のグループからは3名。兵庫県出身で高校3年生(18歳)の「アンジュ」こと眞鍋杏樹は「くるくる〜しゅ! 今日もフェアリーに(アンジュ) みんなの天使になりたい!」。特技は新体操の回転技で、身体能力の高さをアピールした。愛知県出身の中学1年生(12歳)の「みさき」こと芳野心咲は「Are You Ready?(イェーイ) Am I Pretty?(イェーイ) What’s my name? せーの(みさき)」。特技は2歳から習い始めた英語。流ちょうな英語での自己紹介にたじたじの小嶋だが、「英語がしゃべれる子がNMBに入ってきましたー!」と盛り上げた。最後は兵庫県出身の23歳、「みゅう」こと和田海佑。「みーんなは誰に決めた?(みゅう) みゅうは君に決めた! 君のハートを(GETだぜ!)」。フラッシュ暗 算を披露するも惜しくも不正解、最後まで笑いを呼んだ。 


ステージに7期生全員が揃うと、平山が代表して挨拶を。「私たちの笑顔や全力のパフォーマンスで、みなさんに沢山の元気をお届けできるように精 一杯頑張りたいと思います」と緊張感を漂わせながらも、しっかりと前を向いて言葉を紡いだ。そんな彼女たちに「NMB48らしく顔面レベルもとっても高くて、誇りを持ってうちらの7期生どうよってアピールできるくらい個性もたくさんあるし、パフォーマンスも素晴らしいものを見せてくれました」と小嶋、これからの活躍を熱望した。 


ここでNMB48劇場の金子支配人がステージへ。「皆さん、おかえりなさい!」と観客に声をかけ、「感染症予防しながらやってまいりますので、引き続き応援よろしくお願いします」と挨拶した。そして「こちらの映像を見てください!」と支配人が促すと、2011年1月1日のファーストライブから10年の軌跡や今年の配信ライブでのメッセージをまとめた映像が紹介され、最後には「大坂城ホールでのコンサート開催決定」の文字が。その瞬間、「うわ〜、嬉しい!!」などメンバーからも歓声が上がった。 大阪城ホールでの公演は10月23日(金)・24日(土)の2DAYS・3公演で、まずは23日(土)に『10th Anniversary LIVE 〜心を一つに、 One for all, All for one〜』を開催。「もっと見せつけたんでという気持ちがNMB48メンバーの間で高まっているので、10周年コンサートでも、 もっとNMB48を見たいな、応援したいなと思ってもらえるような、気合の入ったライブを見せつけたい」と白間。鵜野も「この10周年に来るまでに何周年も皆さんと盛り上げて、さらに7期生も入って来て。もっともっと上に行くように皆さんと難波を盛り上げていきたい」と意気込んだ。 


10月24日(土)の1公演目は『次世代コンサート 〜難波しか勝たん!〜』。「5期生から7期生までの若手と呼ばれるメンバーでこうして1 つのライブができるのは嬉しい。若手の勢いを見せつけたいと思います」と山本望叶。6期生の横野は初めて「先輩」になった。「先輩らしくできるよう、 7期生と5期生とドラ3さんと、みんなで素敵なライブにできたらいいなと思います。楽しみにしていてください」と呼びかけた。前田も「大切に守ってきた 10年間のNMB48を私たち次世代がもっともっと盛り上げて行けるように精一杯頑張りたい」と気を引き締めた。


 2公演目は『吉田朱里卒業コンサート 〜さよならピンクさよならアイドル〜』。卒業を考えた際、アイドルとしてやり残したことは何かと考えた吉田は 「大きいところで卒業コンサートがしたい」という思いがあったが、新型コロナウィルス感染拡大の影響でそれは不可能とも言われていたという。「でも、 やらせていただくことが決まって、やり切ってNMBを卒業できるなと思いました。私の10年間の集大成、私にしかできないものをやりたいといっぱい考えています。10周年を迎えることも嬉しいし、7期生とのみんなとも同じ舞台に立てることも嬉しい」と笑顔を見せた。 加えて吉田にはまだ「卒業までにやりたかったこと」があったという。それは『吉田朱里プロデュース公演』その夢も実現し、7期生が出演することに。「7 期生のみんなにやってほしいなと思うこともたくさんあるし、これからNMB48を引っ張っていってもらうために、何か最後に残したいなと思った。一緒に頑張って作っていきましょう」と声をかけると、7期生たちは驚きと感動に満ちた表情で大きく頷いた。そして、7期生の個性豊かな顔ぶれに「‟今の NMB48だったらこんな感じかな“と考えていたけど、今日の自己紹介を見てイメージががらっと変わって考え直そうと思いました」とポテンシャルの高さに期待を寄せた。なお、公演日程は11月をめどに企画中という。 


ここで7期生を代表して平山が「『次世代コンサート』に7期生が出演させていただけるとは思っていなかったですし、『吉田朱里プロデュース公演』に も出演させていただけてうれしいです。これからのNMB48を7期生が背負えるように頑張らないといけないなと思いました」と目を潤ませながらコメントを。そんな彼女たちに「こういう先が見えない状況の中でもNMB48に入ってきてくれて本当に嬉しい。ちゃんとみんなの気持ちを背負って自分たちも 引っ張っていきたいし、NMB48の活動が楽しいと思ってもらえるように頑張るので、ついてきてくれたら」と小嶋、キャプテンらしく優しく声をかけた。 


そして『10周年コンサート』についても「(昨年の)9周年コンサートでは‟10周年の扉“を開けて始めたのに、こういう状況になって本当に悲しかった。 でも、大阪城ホールでできることが本当に嬉しいので、ファンの皆さんに絶対にNMB48を応援していてよかったと思ってもらえるコンサートにしていきた い。楽しみにしてもらえたら」といざなった。 なお、大阪城ホール公演については、9月12日(土)19時にNMB48公式ホームページに最新情報がアップされ、チケット申し込み受付も同時にスタートした。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)

関連タグ