マジパン 浅野杏奈 小山リーナがグループ卒業を発表、清水ひまわりは芸能界引退

アイドル 公開日:2020/09/05 18
この記事を
クリップ

6人組アイドルグループ“マジカル・パンチライン”(沖口優奈、浅野杏奈、清水ひまわり、小山リーナ、吉澤悠華、吉田優良里/以下、マジパン)が5日、都内でリモートワンマンライブ「MAGiCALPUNCHLiNE 4th Annivasary ONLINE Live Express 〜MAGiCAL SUPERMARKET〜」を開催。グループ結成当初から約5年間にわたり活動してきた浅野、清水、小山の3名が2020年11月3日をもってグループを卒業(清水は芸能界引退)することが発表された。


ライブ終盤のMCで、神妙な面持ちをした沖口が「ここで、マジカル・パンチラインから大切なお知らせがあります」と涙声でコメントし、チャット画面が『なに?』『こわい』などと騒然となる中、沖口は「マジパン結成から約5年間、一緒にグループを支え続けてくれた浅野杏奈、清水ひまわり、小山リーナが、11月3日をもちましてグループを卒業することになりました」と発表。


そして、3名はそれぞれの手紙を朗読。小山は「私、小山リーナは11月3日をもちまして、マジカル・パンチラインを卒業します。突然の発表で皆さんを驚かせてしまう形となってしまい申し訳ありません」と謝罪し、「私は12歳からアイドル活動を始め、アイドル一筋の5年間を過ごしてきました。約5年間、マジカル・パンチラインのメンバーとして活動してきた中で、新しい事にチャレンジしてみたいという好奇心や、もっと違う自分を発見したいという想いが自分の中で芽生え、高校を卒業する時期も迎えるにあたって、これからの自分の将来や方向性を自分の中で悩み葛藤した結果、卒業を決意しました」と胸の内を告白。


続けて、「何もわからない状態で0からのスタートだった私に色んな経験と勉強をさせていただき、たくさん成長する場をいただけたこと、すべての皆様に本当に心から感謝しております」と頭を下げ、「11月3日以降はマジカル・パンチラインの小山リーナとしてではなく、小山リーナとして芸能活動を続けて行きます。残り約2ヶ月と少ない期間ではありますが、最後まで私らしく精一杯頑張りますので、これからも応援よろしくお願いいたします」と呼びかけた。


次に、清水は「私、清水ひまわりは11月3日をもちまして、マジカル・パンチライン、そして芸能界を卒業いたします」と芸能界引退を発表し、『え』『芸能界“も”はキツい』とファンが困惑する中、「応援してくださったファンの皆様、直接会えないままリモートという形で突然のご報告となってしまい申し訳ございません」と謝罪し、「中学、高校と学校に通いながらアイドル活動をして来ましたが高校三年生は人生の岐路。このタイミングでたくさん悩み考えた結果、もともと学ぶことが好きというのもありまして、更に勉強に専念をして知識を増やす機会を得るために大学に進学することを決めました」と理由を説明。


そして、「CMや映画、カタログモデルのお仕事もいただき、アイドルとしてもシングル・ミニアルバム・フルアルバムのリリース。ワンマンライブや東名阪ツアー、生誕祭や夏の大型フェス、地方への遠征など、この5年間の活動で様々な経験をし、たくさんのファンの方に応援していただきました」と回顧し、「生き甲斐でもあった芸能界という居場所を自ら去り、何も無い状態でいざ進学したその先に何があるのかは何も分からず未知の世界です。今でも不安に苛まれそうです。ですが、今から歩もうとしている進路に期待が無い訳ではなく、今までの経験や知識を活かし、マイペースに自分らしさを忘れず楽しんで歩めていけたらなと考えています」と力強くコメント。「残り2ヶ月とはなりますが、全力でアイドルとしての務めを全うしますので、最後まで応援宜しくお願い致します」とお願いした。


最後に浅野は「私、浅野杏奈は2020年11月3日を持ちましてマジカル・パンチラインを卒業します」と改めて自らの口で発表し、「この5年間、私なりに全力で走り抜けてきました。マラソンに例えると、その道のりのほとんどは楽しさで溢れていましたが、時に奈落の底に落とされるような辛い経験、人生を考えさせられる事も多々ありました。アイドルのアの字もわからずにメンバーになり、ずっとこれまで支えてくださった、まさにこの長い道のりを伴走してくださったファンの皆さまには感謝しかありません」と笑顔でコメント。


そして「二十歳を迎えるこの年に、自分の人生を見つめ直そうと毎日考えました。悩みました。そして私は、新たなステップへ進むべくマジパンの卒業を決意いたしました」と吐露し、「浅野杏奈“個”として、これからも変わらず笑顔で、常に全力ですべてのことに取り組む強い意志を持ち、歩みを進めます。今後は立派な表現者になれるよう、精を尽くしてまいります。残り約2カ月間、“アイドル浅野杏奈”としての日々を大切に過ごし、皆さまの記憶に残るアイドルとして努めてまいります」と力強く語った。


改めて、3人の口から卒業発表を聞いた沖口は「突然の発表で困惑している方、たくさんいらっしゃると思います。今回、卒業する3人は自分たちの将来についてそれぞれで悩み、たくさん考え、今回グループを出て新しい道へ踏み出すという決断をしました」と理解を求め、「マジパンを続ける私や悠華、優良里も3人の卒業の話を聞き、その上でアイドルを続けて行きたい。みんなで作り上げてきた大好きなこのグループを残していき、さらに上を目指したいと思い、アイドルを続ける道を選びました」とコメント。


加えて、「今はまだ、皆さんの心の中に戸惑いがあるかと思いますが、どうかそれぞれの決断、そしてこの先の道を応援していただけると嬉しいです」とお願いし、「3人が卒業したマジパンは、事務所の方々、レコード会社の方々、そしてメンバーで、マジパンが皆さんから愛されるグループになれるよう、話し合い、進めていきますので、ファンの皆さん、待っていてください」と力を込めた。


11月3日には3名の卒業公演が予定されているが、沖口は「そこまでの約2ヶ月間、私の大好きな…(涙)、私の大好きな現体制マジカル・パンチラインを1人でも多くの皆さんにお届けしていきます。引き続き、マジカル・パンチラインの応援、よろしくお願いします」と前を向いた。


この直後に披露した『Melty Kiss』と『ONE』は涙を見せず笑顔いっぱいでパフォーマンスしたメンバーだったが、アンコールが明けると、苦境を乗り越え、未来に歩を進めていく決意を歌い上げた『もう一度』と涙ながらに歌い、力強く拳を掲げた。このほか、同ライブでマジパンは、同ライブのために作られたショップ店員衣装や歴代衣装などに身を包み、約2時間に渡ってオリジナル楽曲を全曲披露(メドレー含む)するなど、マジパンの“今”の魅力を最大限に発揮しファンを魅了した。



<セットリスト>

M00:Overture

M01:マジカル・スーパーマーケット

M02:マジ☆マジ☆ランデブー

M03:小悪魔Lesson1・2・3♪

M04:謎から謎めくMystery

M05:108煩悩BOMB

M06:ぱーりないと!!

M07:Alright

M08:Magiかよ!?BiliBili☆パンチライン

M09:メドレー(リンカーネイション、手のひらがえし)

M10:マジック☆ガール

M11:ハルイロ

M12:Never Ending Punchline

M13:メドレー(私が私を燃やす理由、終わらざりしミスリル、ミカガミラビリンス、那由多摩訶不思議ソウルライブツイスター、Prologueは摩訶不思議、Happy New Kitchen)

M14:パレードは続く

M15:マジカル・ジャーニー・ツアー

M16:万理一空Rising Fire!

M17:名もなきヒーロー

M18:今日がまだ蒼くても

M19:ひとかけら

M20:Melty Kiss

M21:ONE

〜アンコール〜

M22:もう一度

M23:これから、私!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 23件)