まねきケチャ、困難を越えて突き進む姿を焼き付けた5周年ライブ

アイドル 公開日:2020/08/11 4
この記事を
クリップ

5人組アイドルグループ、まねきケチャが8月10日、パシフィコ横浜でグループ5周年を記念するライブを行った。同公演の模様はZAIKOでも同時中継でオンライン配信された。

客席の照明が落ちてグループのオーバーチュアが鳴り響きオープニングムービーが流れるが、フロアは静まり返ったまま。この日、パシフィコ横浜はソーシャルディスタンスを保つために観客数を大幅制限(*)、さらに客席で声を発する行為も控えるようグループから事前にアナウンスがなされていたのだった。(*客席は前後左右を空席とした配置で全席をレイアウト。)


この5年、まねきケチャのライブの変わることのないアイデンティティであったのはメンバーの生歌とそれに負けない熱量で巻き起こる爆音コール。この夜、新型コロナウイルスの感染対策のため客席からの発声が封じられた中での公演となったが、まねきケチャは開始15分で自分たちのライブのニューノーマルを生み出した。

この夜のオープニングに選ばれたのは、これまでも数多くのライブの幕を開けてきた『冗談じゃないね』。勢いそのままにアッパーチューン『カクカクシカジカ』でさらにフロアのボルテージを高めると、刀を振り下ろすダンスが印象的な『一刀両断』ではメンバーのダンスに合わせて客席でもサイリウムが無数の閃光を放つ。続いて5人はグループ最初期の楽曲である『愛言葉』をパフォーマンスすると、自己紹介のMCパートへ。これまで各メンバーの自己紹介に合わせて大きなコールが起こったパートだが、この日はコールのリズムによる拍手が客席から自然発生。ソーシャルディスタンスを越えたコール&レスポンスがパシフィコ横浜の一体感を揺るぎないものにしていく。


その後、5人はインディーズ時代の楽曲、『モンスターとケチャ』をパフォーマンス。さらに1stアルバム『きみわずらい』、2ndアルバム『あるわけないの』それぞれの収録曲を立て続けに披露し、新旧のファンを大いに沸かせていく。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 29件)