フィロソフィーのダンス、ヒャダインとのコラボ楽曲でメジャーシーンへ

アイドル 公開日:2020/08/06 6
この記事を
クリップ

FUNK・SOUL・DISCOのグルーヴに、哲学のエッセンスを加えた歌詞、そしてコミカルで個性的なダンスを武器に数々の音楽ファンをうならせてきた四人組アイドル フィロソフィーのダンスが8月6日に初の生配信ライブ「5 Years Anniversary Party」を開催し、公演内で9月23日にメジャーデビューシングル『ドント・ストップ・ザ・ダンス』をリリースすることを発表した。


フィロソフィーのダンスは2020年で結成5周年を迎え、8月6日は初ライブからちょうど5年目の記念日。全国からたくさんのファンが配信という形でライブに参加した。


彼女達のグルーヴサウンドの真骨頂である代表曲『ダンス・ファウンダー』から始まったこの日のライブ。計10曲を披露し、公演の最後には映像と共に、9月23日に『ドント・ストップ・ザ・ダンス』をリリースすることを発表した。


メジャーデビュー一発目となる今回の楽曲はグループとして初となるヒャダインの作詞楽曲。映像では楽曲のイントロと新衣装を着たメンバーの艶やかなダンスの一部そして、日向ハルの力強いフェイクと、期待感が高まる内容となっていた。作曲はmrmr、編曲は佐々木聡作とmrmrが共同で手掛け、新たなステージに進む彼女たちの決意が込められた“2020年イチ踊れる”一曲に仕上がったという。


またこの日に発表された新しいアートワークでは、ライブ前の楽屋での様子をモチーフに、結成から今までの思い出の写真や衣装、お気に入りの私物に囲まれ、赤と黄色を基調としたゴージャスな衣装に身を包まれた四人の姿が映されている。


さらにカップリングには、児玉雨子を作詞に迎えたオトナのラブソング『なんで?』、ONIGAWARA 斉藤伸也提供のアッパーチューン『オプティミスティック・ラブ』、そして若手フュージョンバンドDEZOLVEとコラボした『ドント・ストップ・ザ・ダンス with DEZOLVE』と、盛りだくさんの内容となっている。


リリースを記念したオンラインイベントなども開催予定とのことだ。これから彼女たちがどんなステージにかけ上がっていくのか、注目したい。


<ヒャダインコメント>

メジャーデビューおめでとうございます!しかしこの時代、メジャーもインディーもあんまり境目がないと思っています。皆様の活動は十分に素晴らしいので是非そのままの勢いでいてください。女の子でいることを楽しむ女性って素敵ですよね。今回の楽曲は、4人とも違う個性で女の子を楽しんでいるのでそこを切り取らせていただきました。


<メンバーコメント>

▼奥津マリリ

「ドント・ストップ・ザ・ダンス」これまでの5年間、疼いていたここ数ヶ月間の想いをぶつけられるような、そして“私達は踊り続けるんだ”と改めてこれからのフィロソフィーのダンスの背中を押してくれるような、とても大切な曲です。パワー溢れるこの曲でフィロソフィーのダンスが日本を明るくします!!!


▼佐藤まりあ

ここまで来るのに結構な時間がかかりましたが、その分自信を持って皆様にお届けできる仕上がりになっていると思います。変えてはいけない部分、変わらないといけない部分、程よいバランスでこれからもフィロソフィーのダンスを貫いていきたいです。


▼日向ハル

普通ってなんだろう?どうしたら人に馴染めるだろう?と悩んでいた時期もありました。けどこのグループに入って、みんな違ってみんな素敵だし私にしかない魅力もたくさんあるはずだ!と前向きに考えられるようになってから毎日が楽しくなりました。きっと同じ様な悩みを持っている人もたくさんいるはず。この曲を通してそんな人達の背中を押せたら嬉しいです。一度きりの人生、自分らしく楽しもう!


▼十束おとは

9月23日にメジャーデビューシングルを発売することになりました。ここまで来られたのは、応援してくれる皆さまがいたからです。本当に、ありがとうございます。これからも"1人でも多くの人の心と身体を躍らせる"アイドルでいたいと思います!

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 4件)