「#ひま粒し」で話題 吉川友が半年ぶりライブ、本業の魅力たっぷり

アイドル 公開日:2020/07/27 7
この記事を
クリップ

吉川友が、7月26日(日)に東京・表参道GROUNDでワンマンライブ『Kikkawa You  微かな粒』を開催した。


コロナ禍の自粛期間中に、果物の種や果肉、いくらなど様々な粒を数え、その画像を“#ひま粒し”のハッシュタグをつけてSNS上にアップし大反響を呼んだ吉川。驚きのひとり時間の過ごし方は、雑誌、ウェブ記事に取り上げられ、さらには『有吉反省会』『お願いランキング』などのテレビ番組に出演。粒数えという思わぬ角度から、幅広い層の注目を集めることとなった吉川。本公演では、初めてファンの前でシャインマスカットの粒数えを実践し、本業の歌の魅力をたっぷり伝えた。会場はソーシャルディスタンスを考慮し、300人キャパシティのフロアに約50人(満員)を動員。観客は声援の代わりに拍手で応援し、また配信サイト「ツイキャス」の生配信で全国のファンがライブの模様を見守った。


吉川にとって約半年ぶりの単独ライブは、自粛期間中に発表したファンキーなナンバー『#ひま粒し~粒数え』からスタート。生バンドの演奏に乗ってシャインマスカットを手にした彼女は、いきなりファンの前でリアルに粒数えを行っていく。真剣な眼差しで丁寧に機敏に粒を並べ終えると、吉川は「32粒、数えたー!」と声をあげる。見事な粒さばきに、観客から大きな拍手が送られた。


MCコーナーで、吉川は「シャインマスカットは初めて数えた粒なので、SNSにアップします」とステージ上で粒画像を投稿。そして「ありがたいことに、自粛期間中に粒を数えてちょっと有名になりました。粒の人、吉川友です」と自己紹介した。


ライブに戻ると、瑞々しい恋愛の想いを歌う爽やかなメロディ『恋』、グルーヴィーな『NEO SUGAR SUGAR YOU』を披露。吉川のパフォーマンスに、観客はハンドクラップと手の振りで応戦しライブの熱量を高めていく。疾走感たっぷりの『アカネディスコ』『チャーミング勝負世代』が届けられると、ライブのテンションはますますアップ。そして、ノイジーなギターサウンドが響くエモーショナルな『DISTORTION』が披露され、観客のボルテージはさらに高まった。


MCコーナーで吉川は、粒数えが話題になったことについてを語っていく。「諦めずにやっててよかったっていうのが身に沁みました。粒を数えるのは好きなことだから続けられたんですけど、諦めないでよかったです。今後も粒の新しいお仕事を発表できると思うので、楽しみにしててください」と、粒数えが人生のプラスになったことを口にした。


さらに、5月1日に28歳の誕生日を迎えた吉川は、「毎年、誕生日当日はライブでみなさんにお祝いしてもらえてたんですが、今年はできなかったので」と、「ハッピーバースデーの曲を、歌の代わりに手拍子でリズムを奏でてください!」とファンにお願い。バンド演奏に合わせたファンのハンドクラップで、遅まきながらの誕生日祝いが行われた。28歳の目標として彼女は「英会話を勉強することと、自動車の免許取りたいです! 大型の免許を取って、いつかみなさんを楽しいところに連れていきたいです!」と、大いなる野望を語った。


自由度の高いトークに会場の空気が和むと、ここからはバラードゾーンに入る。切ない想いと郷愁感の伝わる『暁-yoake-』、心の距離感を歌った『会いたくなったら』を歌唱。『Yellow Butterfly』では伸びやかなボーカルを響かせる。明るいメロディのミッドチューン『8月の花火』を披露すると、観客もハンドクラップで楽しさを全開にした。


ステイホーム期間を経て、ますます歌唱力を高めた吉川。これからやってみたいこととして「今、咀嚼音とかあるじゃないですか(ASMRのこと)。私も、おせんべい割る音とか、食べものを食べる音で音楽を作りたい。暇つぶしに続く、咀嚼音で音楽を作ることにチャレンジしたいです!」と、彼女らしい破天荒な目標を口にした。


ライブもいよいよ終盤戦。サビの突き抜け感が気持ちいい『さよならスタンダード』、和なフレイバーの『恋愛遠慕』とアップチューンをたたみ込んでいく。そして、希望感と高揚感溢れる『Stairways』」を歌唱し、観客の心をグッとつかんだ。


ここで吉川がライブの感想を語っていく。「今日は、久しぶりのライブでした。みなさんと会えない時間はオンラインでつながれて寂しくはなかったんですが、でもやっぱり生でみなさんに会って、ライブっていいなと改めて感じました。今後もライブができるようにがんばります。そして、直接会えない時間も、SNSなど何かしらの方法ででみなさんとつながれる時間を多く増やせるようにしたいです」と思いの丈を口にした。


さらに彼女は「今年の5月11日でソロデビュー9周年を迎えて、10年目に入りました。来年は10周年イヤーということで、またいつも通りライブができてたらうれしいなと思ってます。そんな10周年に向けて、そして今の私に向けて、デビュー当時から音楽担当してくださっているmichitomoさんと坂上ヨースケさんが曲を作ってくれました」と語り、新曲『TABOO』を初披露。『TABOO』は、複雑な感情を歌詞にした大人っぽいR&Bチューン。彼女は、今までとまた違う、新たな魅力をしっかりと見せてライブを締めくくった。


粒数えで楽しませ、シンガーとしての実力を存分に発揮した吉川友。歌手、女優、グラビア、粒数えの第一人者など、様々な姿で楽しませてくれる彼女の今後の動向に期待しよう。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 13件)

関連タグ