Ange☆Reve 吉橋亜理砂生誕祭配信、最近「ぴえん」と思った出来事とは?

アイドル 公開日:2020/07/25 7
この記事を
クリップ

5人組アイドルグループAnge☆Reveのメンバーで吉橋亜理砂24歳を祝う生誕祭ライブ「Ange☆Reve吉橋亜理砂バースデーライブ~#ひろまれありえるの輪2020」が7月24日(土)渋谷クラブクアトロに開催された。


本来の誕生日は3月だったが、コロナウイルス感染症の影響で2回の延期を重ねて約4ヶ月遅れの開催となった。会場は通常定員の約50%以下の約120名限定のためチケットは即日完売したため有料配信も同時で行う公演となった。


会場はステージと観客席の間にメンバーの身長を遥かに超えるアクリルボードを設置。座席はソーシャルディスタンスを確保するため間隔を開けた座席を設置し、ライブ中もコールなど大きな声を出すことは禁止という感染防止のための対策とルールが徹底された形で行われた。

 

この日の主役となる吉橋亜理砂は冒頭のMCで「本当は3月の寒い時期生まれなので、こんな暑いジメジメした時期に自分の誕生日を実感するというのが不思議な感じです。」と、コメントすると、アイドルの生誕祭においてライブグッズの定番である推しのメンバーの名前がかかれたTシャツ(通称:推しT)を着たファンは時期的に長袖で作られたTシャツを着て汗だくになりながら、そのコメントに苦笑いで返すこととなった。

 

Ange☆Reveの生誕祭では毎回、本人がプロデュースや指定した衣装で登場するのが恒例となっているが、自らも王道のアイドルオタクであることを公言している彼女ならではのフリルの付いた白と水色を基調としたアイドルど真ん中の衣装でひとり登場した。


また、普段から“ウソ泣き”をすることをメンバーにいじられているが、24歳を迎えてそのウソ泣きが減って流行語の「ぴえん」の一言で済ます傾向があることをメンバーから指摘される一幕に対し、大人気ショートムービーアプリ「TikTok」で22万人を超えるフォロワーを抱える吉橋は、最近そのコメント欄に「高校生くらいかと思ってました・・・」と書き込まれたことに「ぴえん」と思ったそうで、メンバーからは”高校生どころか小学生に見えることもあるから大丈夫だよ”と慰められると会場は爆笑に包まれた。


コロナによる自粛期間をへて最長となる約1時間半に渡ってライブは行われ、アンコール含めて自身の選曲による全15曲が披露された。このライブの模様は8/7(金)までアーカイブでの視聴が可能となっている。


なお、Ange☆Reveは同じく延期になっていた6周年記念ライブを8月2日(日)に東京キネマ倶楽部(完売)で開催する他、所属事務所のアイドルグループが一堂に会する「AJ祭 2020夏~中野でSun!Sun!Festival!!~」に出演することも発表となっている。


ステイホームが叫ばれる中、配信などを活用してできる範囲で楽しむ明るく元気にパフォーマンスを届け続けるアイドルAnge☆Reveのライブをぜひあなたも経験してみてはいかがだろうか。

 


■■Ange☆Reve吉橋亜理砂バースデーライブ~#ひろまれありえるの輪2020

会場:渋谷クラブクアトロ

日時:2020年7月24日(土)

<セットリスト>

M-1. Maybe Baby

M-2. リトルピ

M-3. 勇敢な恋のセレナーデ

M-4. Kiss me Happy

M-5. Lovey!

M-6. Stare

M-7.泣かないよ

M-8.星空プラネタリウム

M-9. Winding Road

M-10.Tell me why〜最後の線香花火〜

M-11.運命的%

M-12. Your Smile

M-13.イトシラブ

<アンコール>

M-14.サマ☆ラブ

M-15.絶対リメンバー

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 6件)