「26時のマスカレイド」オーディションで勝ち残ったファイナリストが新ユニット結成

アイドル 公開日:2020/07/16 7
この記事を
クリップ

2020年6月21日、約半年に渡る新メンバー発表ライブを終えたばかりの26時のマスカレイド。発表イベントの舞台裏で新たなプロジェクトの結成が発表された。


26時のマスカレイドのオーディションには残念ながら残れなかったが、約2000名の応募から勝ち残ったファイナリスト(堤もね、佐野心音、松村美月、黒嵜菜々子、山崎玲奈、浅原凛、田島櫻子、春海りお)8名でアイドルユニット『Peel the Apple』が結成されることになった。

ユニット名「Peel the Apple」は「りんごの皮」という意味で、りんごの皮は普段捨ててしまう、でも中身以上に皮にこそ沢山の栄養が詰まっていて、様々なレシピによる「りんごの皮」料理も人気である。一度はオーディションで落ちてしまった彼女たち。でも「価値がない」のではない。全員にちゃんと「価値がある」輝ける場所があるというメッセージを込めて命名された。

26時のマスカレイド新メンバーオーディションイベント終了直後に新プロジェクトを立ち上げることを知らされた彼女たちは、30分以内にプロジェクトへの参加可否の決断を強いられながらも、各々の気持ちをバネにプロジェクトへの参加を表明。失うものは何一つない彼女たちが巻き起こすストーリーは見逃せない。

なお、結成当日の7月16日(木)19時30分より公式YouTubeにて結成記念生配信が行われる。是非チェックしてみよう。


【関連記事】

※本記事は掲載時点の情報です。