SKE48研究生「青春ガールズ」公演開催、今後も配信公演続々

アイドル 公開日:2020/07/16 11
この記事を
クリップ

SKE48が15日、SKE48劇場にて配信限定の劇場公演を開催した。


15日開催されたのは、研究生の公演である「青春ガールズ」公演。この公演は、2月24日に開催された竹内ななみ生誕祭以来、142日ぶりとなる。今回のこの公演で、S、KⅡ、E、研究生それぞれのチームの公演を、新しい形で披露することができた。


15日も、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、出演メンバーは6名のみで、劇場内すべてのドアを開放し換気を実施。フォーメーションも通常のものから変更し、ソーシャルディスタンスを確保した形で行われた。


石川花音、入内嶋涼、鈴木愛菜、竹内ななみ、平野百菜、藤本冬香の6名が登場すると、制服のベストを手にとり、掲げる振り付けで、「青春ガールズ」が幕を開ける。『ビーチサンダル』、『君が星になるまで』と続けて3曲を披露し、今回もここまで、SKE48公式YouTubeチャンネルで無料配信で閲覧できた。


公演ができない間に藤本冬香が4月で22歳になり、石川花音とともに研究生公演メンバーとしては、最年長に。13歳の平野百菜、16歳の鈴木愛菜は身長も伸び、ステージから遠ざかっていた間に少し大人びてきた表情を見せていた。次の誕生日には20歳を迎える竹内ななみの色気ある?ダンス画像が視聴者の方のSNSに投稿されステージ上のモニターに映し出されると、メンバー全員で大爆笑に。ファンの皆様のSNS上での声援「#Twitterで声援を」はトレンド入りし、メンバーも楽しくのびのびとパフォーマンスしていた。


終盤には、この季節にピッタリな浴衣衣装で『僕の打ち上げ花火』をしっとりと披露。ラストは、遠くにいても気持ちはつながっているよという気持ちを込めて、新しい形での公演の定番曲『遠くにいても』で公演の幕を閉じた。


SKE48は、この新しい形の配信公演を、引き続き開催していく。7月後半の開催予定も発表されたので、これからも是非期待してほしい。


<鈴木愛菜 公演後コメント>

久しぶりの公演ができてとっても楽しかったですし、皆さんにこれからもたくさん笑顔が届けられたらいいなと思います!これからもよろしくお願いいたします!


<竹内ななみ 公演後コメント>

研究生公演の「青春ガールズ」公演を、この形になって最初に同期の9期生でできて嬉しかったです。6人だったからというのもあるかもしれませんが、いつ自主練に行っても全員揃う位みんなレッスン場にいて、振りの合わせの練習もすごくやりやすかったです。みんなで一致団結して、これからも頑張っていきます!


©2020 Zest,Inc.

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 12件)