神宿 一ノ瀬みか&塩見きら「神」と「宿」がつく場所でデート、ユニット曲への思いを語る

アイドル 公開日:2020/07/01 9
この記事を
クリップ

原宿発5人組アイドルグループ・神宿の一ノ瀬みかと塩見きらが、アイドル誌『BUBKA』の連載インタビューにて初のユニット曲『Erasor』への思いを語った。


この連載は、メンバーが二人づつ登場し、「神」と「宿」がつく場所でデートするという企画。第4回目となる7/8月合併号では一ノ瀬みかと塩見きらが登場し、大人の風情漂う神楽坂を散策。撮影中、大きな熊のぬいぐるみと戯れる無邪気な姿を見せた。


インタビューでは5月にリリースされた初のユニット曲『Erasor』への思いや自粛期間中にYouTubeに公開したカバー音源などについても触れ、変化し続ける神宿を表現した内容となっている。



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)