SKE48 チームKⅡ公演開催、北野瑠華が涙のコメント

アイドル 公開日:2020/06/28 6
この記事を
クリップ

SKE48が28日、SKE48劇場にて配信限定の劇場公演を開催した。


SKE48劇場での公演は、6月14日に108日ぶりに開催したチームS「重ねた足跡」公演に次ぐ公演となる。


新型コロナウイルス感染拡大防止の為、出演メンバーは6名のみで、劇場内すべてのドアを開放し換気を実施。フォーメーションも通常のものから変更し、ソーシャルディスタンスを確保した形で行われた。前回好評だったTwitterでの声援システムを今回も引き続き実施。冒頭4曲をSKE48公式YouTubeチャンネルで配信という新たな試みも実施した。


開演1時間前には、公式YouTubeにスタンバイ画面が映し出され、開演を待ちわびるファンの皆様の交流の場に。SNSでも「#Twitterで声援を」と入れたツイートが続々とステージ上の画面に映し出され、「席で開演を待ってる感じ」、「なんだか緊張してきた!」など、劇場公演会場にいるかのような雰囲気を味わっているようだった。


青木詩織、荒井優希、江籠裕奈、北野瑠華、竹内彩姫、日高優月の6名で、『マンモス』、『最終ベルが鳴る』、『ボーイフレンドの作り方』、『偉い人になりたくない』まで続けて披露。6名でのフォーメーションだと、通常よりも大きな動きになるためか、息を切らしながらMCに入った。公式YouTubeではこのMC部分までを生配信したが、視聴したファンからは楽しんでいた様子がうかがえた。


今回は、新たに花道ステージも追加。通常の公演では難しい演出で、配信限定公演ならではのパフォーマンスをお届けすることができた。『回遊魚のキャパシティ』ではスクリーン上にコールのツイートが溢れ、「#Twitterで声援を」は前回公演に続き、トレンド入りに。ステージ上のメンバーも感激していた。さらに、後半のMCでは、チームメイトの高柳明音がモニターに登場。先輩らしく素敵なコメントを残して退場予定が、画面が固まってしまうという、生配信ならではのハプニングも起こった。

 

「最終ベルが鳴る」公演の楽曲8曲を披露した後、チームKⅡ副リーダー北野瑠華は、「今日こうしてステージに立ってみて、心の底から楽しいなって」と始めたところで声をつまらせ、「メンバーも何をしていいのかわからなくなったり、ファンの方々に楽しんでいただけてるのかなって思った」と涙ぐみながら自粛期間中の不安だった気持ちを吐露。「こうして新しい形で少しずつできることを私たちは精一杯やっていって、1日でも早く明るい未来がくるよう願っています」と、ファンの皆様への感謝と、これからも頑張っていく決意の気持ちを込めて、『遠くにいても』で公演を締めくくった。


約80分の公演終演後には、配信限定公演ならではの「アフタートーク配信」を実施。ここでは緩いトークが繰り広げられ、本日の公演は幕を閉じた。


【チームKⅡ副リーダー 北野瑠華 公演後コメント】

今日の公演は、通常の16人での公演を6人でやるという形だったので、どういう感じなのか全く想像できなかったんですが、いざステージに立ってみると、無観客という形ではありますが、ステージに立てたことの喜びとか、久しぶりにみんなで楽しんでいる時間とか、ファンの方が後ろ(のモニター)でコメントして応援してくださるのを見て、やっぱり劇場公演ていいなって改めて思いました。今はこういう形ではあるけれど、これが今私たちなりにできる最大限のことなので、これから少しずつさらに工夫しながら皆様にもっと楽しんでいただけるような公演を届けられたらなと思いました。

実際ステージに立ってみて、ここをこうしたいなとか、ここをこうしたらファンの方が楽しめるんじゃないかとか、みんなで考えていることもあると思います。これからまた公演もあると思うので、メンバーが違ってもまた新しいKⅡを観ていただけるように、みんなでまた頑張っていきたいなと思います。直接会うにはまだ時間がかかると思うんですが、画面越しでも劇場公演の良さやSKE48の良さを感じてもらえたらと思っています。



■SKE48劇場 チームKⅡ「最終ベルが鳴る」公演

2020年6月28日(日)17:00~

出演メンバー

青木詩織、荒井優希、江籠裕奈、北野瑠華、竹内彩姫、日高優月

<Set List>

-overture-

1. マンモス

2. 最終ベルが鳴る

3. ボーイフレンドの作り方

4. 偉い人になりたくない

5. Stand up

6. Coolgirl

7. 回遊魚のキャパシティ

8. 会いに行こう

9. 遠くにいても


©2020 Zest,Inc.

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 7件)