感謝をもってみんなを笑顔に、ユニットの枠を超えた「GRACiAS」期間限定で発足

アイドル 公開日:2020/06/18 9
この記事を
クリップ

新型コロナウイルス(COVID-19)の影響により、元気がなくなってきているといわれているアイドル界、エンタメ界において、今でこそ立ち上がるべきという想いから、ひとつのプロジェクトが立ち上がることがわかった。


ユニットの枠を超えた期間限定のプロジェクトとして8月末まで活動するという。 メンバーは、先日、屋上ライブを大成功させ、この状況下で存在感を魅せている桃色革命など全11名。 ユニット名は「GRACiAS」(グラシアス)で、スペイン語で”ありがとう””感謝”の意味だ。 


メンバーの志柿じゅみは「『ありがとう』という言葉は人をとても笑顔にしてくれます。このようなご時世ですが、『最高のありがとう』を沢山の人に届けたいと思っています」とコメント。 また、1年前にアイドルを卒業している桃色革命の元メンバーである児玉せりかは「お誘いを受けた時は、アイドルを卒業しているので、正直お断りをしようと思っていたのですが、皆さんを笑顔にする事が少しでも出来るなら、、と思ってお受けさせて頂きました。早速6月21日に会えます!笑顔にします!」とコメントした。 


本日、オフィシャルTwitterが開設、メンバー紹介ムービーが流れている。 なお、「GRACiAS」は、同プロジェクトに賛同する女性をプロアマ不問で募集もするという。 アイドル界も遂に動き出してきた。

※本記事は掲載時点の情報です。