カミングフレーバー(SKE48)出演Zoom劇場、初々しさ溢れる第2G公演初日開催

アイドル 公開日:2020/06/13 7
この記事を
クリップ

SKE48から選抜された若手メンバーによって構成されるユニット「カミングフレーバー」が、中京テレビ放送が開催する、ビデオ会議システム「Zoom」を利用した演劇『Zoom劇場 カミングフレーバー(SKE48)は一週間で女優になれるのか!?』に出演。12日、追加公演となる第2グループの初日公演が開催された。


メンバー全員が演劇初出演にも関わらず、ビデオ会議システム「Zoom」を利用して打合せ・稽古・本番出演までを全てメンバー本人の自宅から、しかもわずか1週間で行うという無謀とも言えるこの挑戦第2弾に挑んだのは、「カミングフレーバー」から青海ひな乃、鈴木愛菜、田辺美月、西満里奈、野村実代の5名。野村は第1グループの公演に主演として出演していたが、今回は別の役柄で登場した。


開演時間の20時になると画面には主人公サクラ(青海ひな乃)が1人登場。友人のアイ(鈴木愛菜)に招待を受け、Zoomに参加したものの誰の姿も見えず不審に思っていると、ミキ(田辺美月)とカエデ(西満里奈)が現れる。この日はサクラの誕生日で、サプライズのオンライン誕生会が開催されたのだった。


自粛生活が続く中、久しぶりに顔を合わせた仲間たちと楽しい時間を過ごすサクラ。しかし、ふと見ると誰だかわからないメンバーが一人いて・・・。彼女が画面から消えると不可解な出来事が次々と起こっていく。


青海の主人公サクラの恐怖の表情は自然で、西、田辺、鈴木の瑞々しい魅力も画面から伝わり、初々しさ溢れるやりとりの中、野村は第1グループで鍛練を積んできたこともあり、「謎の女」として笑い声を響かせる怪演で余裕を見せた。ファンからは、“1週間でここまでやるなんて!”“リアルに叫んでしまった…”などの感想に加え、前回の公演との違いを楽しんでいるという声も多くあがった。メンバーの自宅からということで、それぞれの部屋の雰囲気も変わり、演出にも少し変化があったことに気づく観客も。


千秋楽の公演終了後の「打ち上げトークショー」には、アイドルファンとして名高い安田大サーカス クロちゃんの参加も発表されている。明日、明後日の2公演で、メンバーがどう変化していくかにも是非期待してほしい。


<主演:青海ひな乃 コメント>

初日、ありがとうございました!!こうやってセリフをたくさんいただいて演技をするのは初めてだったので、めちゃくちゃ不安でした。私は覚えるのが苦手なので1週間で出来るかなって思いましたが、Zoomを使った新しい演劇を体験させていただけるチャンスなので、私なりにたくさん練習しました!!リハーサルはたくさんミスをしたりしましたが、稽古が毎日勉強になって楽しかったです!!13日、14日もありますので是非見にきてくださると嬉しいです!!そして日に日に成長した姿をお見せできるように頑張ります!!本当にありがとうございました!!


©2020 Zest,Inc.

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 3件)