AKB48チーム8がアートの魅力をナビゲート、初回は小栗有以が登場

アイドル 公開日:2020/06/12 7
この記事を
クリップ

AKB48 チーム8の小栗有以が、読売新聞オンラインと全国約150の公立美術館で作る「美術館連絡協議会」の新プロジェクト「美術館女子」に登場。読売新聞オンラインと読売新聞6月13日付朝刊で紹介される。



同プロジェクトは、地域に根ざした公立美術館の隠れた魅力やアートに触れる楽しさを、“映える写真”を通じて女性目線で再発見していく連載(随時掲載)。

ナビゲーター役には、読売新聞の各地域面と読売新聞オンラインで「月刊チーム8」を連載中のAKB48チーム8を迎え、「もしチーム8のメンバーが休日に美術館にふらりと遊びに行ったら」とのコンセプトで、写真家の大村克巳氏が美術館とメンバーのコラボ写真を撮影していく。


初回の舞台は、現代アートの聖地・東京都現代美術館を、AKB48の次世代エースの呼び声も高いチーム8東京都代表・小栗有以が訪れた。小栗は「今までとは違う自分が撮れた」と感想を語った。



 美術館女子ー東京都美術館×小栗有以(AKB48チーム8)掲載予定

読売新聞6月13日付朝刊

読売新聞オンライン「月刊チーム8」特設ページ




※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)