カミングフレーバー(SKE48)野村実代、Zoom劇場千秋楽で恐怖の涙流す迫真演技

アイドル 公開日:2020/06/08 7
この記事を
クリップ

SKE48から選抜された若手メンバーによって構成されるユニット「カミングフレーバー」が、中京テレビが開催する、ビデオ会議システム「Zoom」を利用した演劇『Zoom劇場 カミングフレーバー(SKE48)は一週間で女優になれるのか!?』に出演。7日、第1グループの千秋楽を迎えた。


第1グループとして出演したのは、「カミングフレーバー」から赤堀君江、大谷悠妃、野村実代、中野愛理、平田詩奈の5名。メンバー全員が演劇初出演にも関わらず、ビデオ会議システム「Zoom」を利用して打合せ・稽古・本番出演までを全てメンバー本人の自宅から、しかもわずか1週間で行うという無謀とも言える挑戦だった。


初日から3公演目となる本日の千秋楽では、主演の野村実代が恐怖のあまり涙を流すという迫真の演技を披露し、その瞬間からSNS上で話題に。終演後の「打ち上げトークショー」では、赤堀君江は、「こんなに大量の言葉を覚えるのかと、ホントにできるか不安でした」と話し、平田詩奈は自らを「棒読み代表だった」と振り返りながら、ネットで検索して演技研究をしたことを明かした。中野愛理は笑い声の練習で喉が痛くなって大変だったそうで、大谷悠妃はクラッカーが鳴らなかったり、毎日1つずつハプニングがあったとのこと。野村実代は家族に友人役をしてもらい、練習を積んだ裏話を披露し、メンバーに加え、企画・プロデュースのスパローズ大和、演出のA・ロックマンことシャカ大熊も参加し、公演の舞台裏トークも盛り上がった。


公演を観たファンからは、“普段なかなか見れない一面を見ることができてとても良かった”、“日を重ねて、どんどん変化していくのが本当に凄い!”、“来週のは初日から千秋楽のメンバーの成長を見たいと思った”など高評価を受け、追加公演も決定している。


次回はカミングフレーバーから、青海ひな乃、鈴木愛菜、田辺美月、西満里奈、野村実代が出演。野村は第1グループでの役柄とはまた違う配役となることが発表されており、メンバーが変わることで、また別の世界観が生まれてくること必至。さらに、千秋楽の公演終了後の「打ち上げトークショー」には、アイドルファンとして名高い安田大サーカス クロちゃんの参加も発表された。第2グループの公演も是非期待してほしい。



<第1グループ メンバーコメント>( )内は役名

【平田詩奈】(ミキ)

今までやったことない経験をカミングフレーバーのメンバーでさせていただけたことは嬉しかったですし、また新たなみんなの一面を見せられたんじゃないかなと思うので、次のグループも是非観てください。

【中野愛理】(ケイ・謎の女)

演技をすると聞いたとき、最初は不安でいっぱいだったんですが、みんなで力を合わせて完璧な演技ができたと思うので、皆さん、温かく見守ってくださってありがとうございました。また演技のお仕事ができるように頑張ります!

【赤堀君江】(カエデ)

このような機会をカミングフレーバーにいただけて、本当に嬉しかったですし、7日間私たちメンバーだけじゃ絶対にできなかったと思うので、関わってくださった皆さんに本当に感謝しています。これがカミングフレーバーのなにかにつながるようにこれからも頑張るので、応援よろしくお願いします。

【大谷悠妃】(アイ)

新しい挑戦をさせていただけて、カミングフレーバーとしてまた1つ成長できたのかなと自分でも思いますし、これから自分たちからチャンスをいただけるよう頑張りたいと思います。次のグループも最高だと思うので、これからもよろしくお願いします。

【野村実代】(サクラ)

3日間本番あったんですが、全部観てくださった方もいたりして、観てくださった皆さんありがとうございました。本当に嬉しかったです。このお仕事をいただいた時には正直不安しかなかったです。でも1週間みんなで支えあって、どんどん成長が目に見えて、最終的にはすごく素直に楽しめたし、挑戦してよかったなと思っています。今握手会とか劇場公演ができない中で、リモートですが画面越しに皆さんに私たちの活動している姿を観てもらえることが本当に嬉しかったので、また会いたいなと思ってもらえてたら嬉しいです。こうして素敵なチャンスをいただけたので、なにか次につなげられるようこれからも頑張りたいと思います。これからもよろしくお願いします。


©2020 Zest,Inc.

 

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)