AKB48 馬嘉伶、YouTubeチャンネル開設を発表「日本と中華圏の架け橋になりたい」

アイドル 公開日:2020/05/25 6
この記事を
クリップ

AKB48 初の海外オーディション「AKB48 台湾オーディション」において、 応募者総数2152人の中から選ばれたAKB48 初の外国人メンバー、 台中市出身の馬嘉伶(まちゃりん)が、株式会社JPEGへの所属が発表された。 


馬嘉伶は、 TOKYO DOME CITY HALLで開催された「第5回 AKB48紅白対抗歌合戦」の『ヘビーローテーション』のソロ歌唱でデビュー。 AKB48の51枚目のシングル『ジャーバージャ』で初選抜となり、 「まちゃりんと仲間たち」名義で発表された『友達ができた』ではセンターを務めた。 今回、 株式会社 JPEGの所属を機に、 公式YouTubeチャンネルの開設も併せて発表した。 


馬嘉伶コメント

「新しい可能性が広がると思い、 Cool Japan TV と Chanois による新事務所 JPEG に所属させていただくことになりました。 これまで以上にファンの皆様に喜んでいただける幅広い活動ができるように頑張ります。 そして、 私の母語である中国語を活かして、 中華圏の方々にAKB48の魅力と日本の魅力を伝え、 日本の方々に台湾の魅力を伝え、 日本と中華圏の架け橋になれるように頑張ります。 今はこれからの活動への期待で胸がいっぱいです。 これからも、 まちゃりんのことをよろしくお願いいたします。 」  

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ