乃木坂46中田花奈、メンバーと10時間半オンライン飲み会を告白

アイドル 公開日:2020/05/04 20
この記事を
クリップ

乃木坂46の中田花奈が4日、オンラインミーティングツール・ZOOMで開催された第2回「いいかも!オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR」に、お笑いコンビの銀シャリ(鰻和弘、橋本直)、アサヒビールイメージガールの高田里穂らとともに参加した。


同イベントは、オンライン飲み会の需要増加の背景を踏まえ、『会えなくたって、乾杯!〜いいかも!オンライン飲み〜』をテーマに、ビール本来の価値をこのオンラインイベントを通して伝えていくことを意図して実施され、抽選で招待された600名が楽しんだ。


配信がスタートし、4人が顔を揃えると鰻は「乃木坂の方とまさか配信できるとは思わなかったです」と感激しつつ、以前、ものまね番組で許可もなく“乃木坂軍団”をやったことを謝罪し「秋元真夏さん(のものまね)をやりました」と打ち明けると、中田は「正直、(顔が)似てます。笑顔のとき、ちゃんと似てるから否定できないですね」と太鼓判。そして、中田の音頭で乾杯が行われ、一般参加者のサムネイルがズラリと表示されると、中田は「生写真とか持ってくださっている方も。ありがとうございます」と声を弾ませ、独身で1人暮らしだという橋本は「なんかすげー!ずっと家にいるから1人じゃないんだぞって感じでちょっと泣きそう…」と感激していた。


イベントでは、高田がオンライン飲み会のHOW TOを紹介する企画や、チャット機能や背景設定を使った参加型フリートークコーナーなどが行われ、オンライン飲み会の経験の有無を聞かれた中田は「私はけっこうやっています。メンバー同士でやったときは、オンラインだと終わりがないので10時間半やったことがあります。仲良すぎて永遠に話せちゃって」と仰天告白をして銀シャリと高田を驚かせ、どんな話をするか追求されると「最後のほうは“〜派”って話を。例えば“バスタオルを(洗わず)2日目使える派?”とか」とエピソードを明かし、橋本から「使える派は(アイドルとして)大丈夫なんですか」と心配されると、中田は「みんな洗わないと無理でした」と答えて橋本を安堵させた。


また、それぞれが用意したおつまみを紹介する一幕もあり、魚肉ソーセージを用意した中田は「最近、魚肉ソーセージを初めて食べまして、『それは変だ』と(お笑いコンビ)アルコ&ピースさんに責められて食べるようになりました(笑)」と打ち明けて再び参加者を驚かせ、仕事終わりにメンバーとご飯を食べるときに飲んで帰ることも多いそうで、酔うとどうなるかとの問いには「赤くなるのが早くて、喋るより聞くほうになります」と答えた。


さらに、緊急事態宣言による外出自粛の影響で足の筋肉が落ちて細くなったという中田は、自粛が明けた際に乃木坂46のダンスができる自信はあるか聞かれると「ヤバいなと思って、家の鏡の前でたまに鼻歌を歌いながら踊っています」といい、「フリコピをしたらいい運動になると思うので、乃木坂のMVやライブDVDをいっぱい見て、フリを覚えて踊ったらいい汗かけるんじゃないかなと思います」とおうち時間が続く参加者に運動不足解消法を提案する一幕もあった。


そして、1時間以上に渡り配信された同イベントの最後に感想を求められた中田は「こんなたくさんの方の顔も見られて、プライベート感も見られてほっこりするし、楽しい気持ちでみんなと一緒に飲めたので、またこういうことをやりたいなってすごく思いました」と声を弾ませた。


「第3回 いいかも!オンライン飲み ASAHI SUPER DRY VIRTUAL BAR」

5/16(土)開催

アルコ&ピース・新内眞衣(乃木坂46)出演

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 22件)