白石麻衣、乃木坂46卒業延期「卒業ライブを開催できる日までは在籍」

アイドル 公開日:2020/04/29 14
この記事を
クリップ

乃木坂46の白石麻衣が28日、公式ブログを更新した。


「今日は一つ、皆さんにお伝えすることがありブログを書きました。」と書き出されたブログ。

 

「本来であれば、5月5日、6日、7日で計画をしていました東京ドームでのライブをもって乃木坂46を卒業する予定でしたが、新型コロナウイルスの影響で開催が難しくなってしまいました。ライブの日程も早く皆さんにお伝えしたかったのですが、今のこの状況の為、結果的には最後までライブの開催を発表することができませんでした。」と来月開催の東京ドームライブをもって卒業を予定していたが、新型コロナウイルス感染拡大でのイベント等の中止要請、外出自粛の緊急事態宣言延長の様相の中、白石の卒業についての具体的な日程が決定できなかった。

 

しかし、白石は 「皆さんには直接、今までの感謝の気持ちを伝えたいなと思っております。卒業ライブはみなさんが安全に楽しんでいただける状況ができたら、改めて行いたいと思っているので、会場と時期が決まりましたらお伝えしたいと思います。」とセレモニーの延期を明らかにした。

 

今後の活動に関しては、ソロ活動が多くなっていくといい、スタッフと相談しながら、グループの一員として参加出来ることは可能な限り行っていくと語り、卒業ライブ開催までは乃木坂46に在籍ということになると明らかにした。ただ、今後の状況次第で変更も示唆した。

 

白石はブログの最後に「毎日大変かと思いますが、ここを一緒に乗り越えて頑張りましょうね!私も一日一日を大切に過ごして行きたいと思います。早くたくさんの方が元気になりますように、笑顔で過ごせますように。私も精一杯のパワーを届けられるようこれからも頑張ります^ ^」と優しくも力強いメッセージを贈った。


今後の動向を注視したい。


写真:Ⓒ乃木坂LLC

※本記事は掲載時点の情報です。