おうちから、ニッポンを元気に︕︕ AKB48「OUC48 プロジェクト」発⾜

アイドル 公開日:2020/04/15 8
この記事を
クリップ

新型コロナウイルスにおける緊急事態宣⾔を受けて、AKB48は5⽉6⽇(⽔)までの間、AKB48劇場を秋葉原から「おうち」に移し、メンバーが「おうち」から様々な企画をお届けする。 


AKB48 は「おうちから、ニッポンを元気に︕︕」をテーマに、15⽇「OUC48 プロジェクト」が発⾜した。 


15日 15 時に、AKB48 公式 YouTubeで公開された『365⽇の紙⾶⾏機(おうち ver.)』は、AKB48 メンバー同⼠が⾃主的に連絡を取り合い、AKB48 メンバー全員(※ 注 1)が各⾃おうちで撮影した動画をAKB48 グループ総監督・向井地美⾳が編集したもので、この動画が 「OUC48 プロジェクト」発⾜のきっかけとなった。 


このプロジェクトは、新型コロナウイルスにおける緊急事態宣⾔を受けて、秋葉原にあるAKB48劇場が閉館中の 5 ⽉ 6 ⽇までの期間(※注 2)、おうちから歌やパフォーマンスなど様々な企画を通して、ニッポンを元気にしたい︕という想いが込められている。 


実施する企画は、秋葉原からおうちに劇場を移し公演を⽣配信する「OUC48 おうち公演」。メンバーがおうちでひとつひとつの桜を作成し、今年の春、お花⾒を楽しめなかったファンを、AKB48劇場再開の⽇に満開の桜の⽊で迎える「桜の花びらたちの⼤作戦」など、直接会えなくても AKB48 は ”会いに⾏けるアイドル” をテーマに活動を続けていく。 

※注 1︓現在活動休⽌中の本⽥そら・前⽥彩佳、IZ*ONE 専任中の本⽥仁美を除く 103 名 

※注 2︓変更になる可能性がございます 


<向井地美⾳コメント> 

私たちアイドルにとって、劇場公演や握⼿会を通してファンの皆さんに会えない⽇々はすごく寂しい。もちろん私もその⼀⼈です。 でも今、⽇本中で同じように「当たり前」がなくなってしまったり、もっともっと⾟い思いをしている⽅々がいるのではないでしょうか。 だからこそ、今 AKB48 には何ができるのかメンバーのみんなとたくさん考えました。 そして『365⽇の紙⾶⾏機』の動画が形になり、この「OUC48 プロジェクト」に繋がりました。 ⼈と⼈が⼒を合わせて乗り越えなければならないこの期間、ほんの少しでも、私たちがおうちから届けるもので元気や笑顔になってもらえたら嬉しいです。 


ⒸAKB48

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)