お茶目で可愛いシーンが話題、乃木坂46 4期生出演『猿に会う』まもなく配信開始

アイドル 公開日:2020/04/09 4
この記事を
クリップ

乃木坂46 4期生の賀喜遥香、柴田柚菜、清宮レイが出演するドラマ『猿に会う』が、4月10日(金)よりdTVで配信スタートする。

 


直木賞作家・西加奈子氏の短編小説を乃木坂46主演で映像化した新作ドラマ『猿に会う』は、教室の少し端っこにいるような仲良し女子大生3人(賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜)が日光への旅行を通じて、殺人事件など様々なトラブルに見舞われながらもそれぞれの人生を見つめ直すロードムービー。



「可愛すぎる!」「早く本編が見たい!」とSNS上で多くのコメントが見られた予告映像では、謎の占い師アキラ(堀未央奈)が「物事を曖昧に捉えすぎ」、「ビジョンがはっきりしていない」、「恋愛は無理」など散々な占い結果を仲良し女子3人(賀喜、清宮、柴田)に突き付ける場面からスタート。出会いを求め日光へ向けて出発するも、待ち受けていたのは‟迷子・詐欺・殺人事件“といったトラブルの数々だった。ワイワイしながら日光へ向かう車内の様子や浴衣姿でカラオケを歌ってはしゃぐ光景など、女子大生ライフを満喫する楽しげなシーンがあり、まるでプライベートでの1コマを流しているかのようなお茶目で可愛いシーンに注目だ。


また、配信開始と同時に賀喜遥香、清宮レイ、柴田柚菜3人のサイン入り生写真(チェキ)を抽選で3名様にプレゼントするキャンペーンも実施。詳しい応募方法については番組公式サイトをチェックしてみていただきたい。



『猿に会う』第1話あらすじ

まこ、きよ、さつきの3人は教室の少し端っこにいるような仲良し女子大生3人組。皆実家暮らしで同じ大学に通って同じサークルに所属している。きよは、昔から何でも四捨五入するのがクセ。中学の頃からさつきは、きよの後ろにいつもくっついて歩いていた。まこはリア充の妹のぞみに対する劣等感がある。まことさつきは年齢=彼氏いない歴だが、きよは既に恋愛経験済み。そんな3人がさつきの提案で冬休みに日光東照宮に行くことに。東照宮には日本有数のパワースポットがあり、恋愛にご利益があるのだという。果たして3人は日光の地へ無事にたどり着くことができるのか!?



『猿に会う』番組概要

配信日時:2020年4月10日、11日、17日、18日

配信話数:全4話 (各話 約20分)  ※各話0時更新

出演:賀喜遥香 清宮レイ 柴田柚菜 北川悠理 / 堀未央奈 

石川瑠華 阪本一樹 三島ゆたか

原作:「サムのこと 猿に会う」西加奈子(小学館文庫)

監督:高橋栄樹

脚本:穐山茉由

チーフプロデューサー:上田徳浩

プロデュース:鈴木健太郎、備前島幹人

プロデューサー:龍貴大、西ヶ谷寿一、横山蘭平

協力:秋元康


©西加奈子・小学館/エイベックス通信放送



※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 2件)