欅坂46 長沢菜々香、突然の卒業発表「夢に向かって一歩目を踏み出したい」

アイドル 公開日:2020/03/29 11
この記事を
クリップ

欅坂46の長沢菜々香が29日、公式ブログを更新し、3月末をもって同グループを卒業すると発表した。




突然の今月末での卒業にファンも動揺を隠せないようすだが、長沢は「急なお知らせになってしまい、すみません」としながら、自身がずっと抱いていた夢について「「実現したい」という気持ちが昨年から強くなっていきました。
そして、23歳という人生の節目を目の前に「夢に向かって一歩目を踏み出したい」と決心して卒業という選択をしました」と心情を語り、「ずっと夢だったアイドルになれ、この4年間は人生でかけがえのない思い出です」と綴った。

中でも好きな仕事は「りぼんのお仕事」と振り返り、編集部や読者に心からの感謝の意を表した。 

「欅坂46を卒業して、ファンの方とお会いできなくなるのがとても寂しいです…。でも、また皆さんにお会いできるように頑張ります!これからも見守っててくれると嬉しいです」と続け、最後には「またね」と“なーこちゃん”らしい短い言葉で締めくくった。

あまり感情を出さずいつも淡々、飄々としたキャラクターだったが、実は冷静に物事を見極め、空気を読めた“なーこちゃん”。『欅って、書けない?』のロケ地争奪のプレゼン大会では、郷土愛に溢れ、山形の魅力はもちろん、番組ロケとして成立するように細部にまで調べ上げたプレゼン力は見事だった。

これからも溢れる才能を如何なく発揮して、活躍していただきたい。突然の別れとなったが、“なーこ先生”のはにかんだ笑顔を忘れることはないだろう。

ⒸSeed&Flower

※本記事は掲載時点の情報です。