乃木坂46 注目ポイントは“エモさ”、4期生のドラマ初挑戦作『サムのこと』みどころを語る

アイドル 公開日:2020/03/12 10
この記事を
クリップ

乃木坂46 4期生の遠藤さくら、早川聖来、田村真佑、掛橋沙耶香、金川紗耶が元アイドルを演じるドラマ『サムのこと』の撮影が今年1月中旬、都内のカラオケボックスにて行われた。


原作は、直木賞作家・西加奈子の同名短編小説。遠藤演じるサムが亡くなってしまったことで、早川・田村・掛橋・金川がそれぞれ演じるアリ・キム・モモ・スミの4人は、サムのお通夜で久しぶりに再会することとなる。





【関連】乃木坂46 遠藤さくら「ちょっとずつ、楽しいなって」西加奈子原作ドラマ出演でみせた心境の変化


「サムと私はタイプが全然違う」と遠藤が話す一方で、掛橋は「最初に台本を読んだ時、モモの服装やメイクが自分に似ていて、運命を感じていた」という。現場では「宇田川ホワイトベアーズに所属している私」と思い込むことで、自然体な演技を心掛けているそうだ。


LGBTという難しい役どころの早川は「難しいこともありましたが、自分と向き合って役を演じたいと強く思いました」と話す。


また、最初は緊張してガチガチだったという金川は「スタッフの方々が私たちのためにたくさんのことをしてくださって感謝しかなく、とても嬉しく思いました」と撮影現場を回想。グループのキャプテン・秋元真夏に演技の相談をした際には「秋元さんも苦手らしいので、聞けませんでした(笑)」と、アドバイスをもらえなかったハプニングも。

1/2ページ

この記事の画像一覧 (全 8件)