Berryz工房ラストシングルは11月12日発売

アイドル 公開日:2014/10/04 29
この記事を
クリップ
}/

2015年春より無期限の活動停止を発表したBerryz工房が、11月12日に36枚目のシングル『ロマンスを語って/永久(とわ)の歌』(両A面)を発売することを発表した。


2004年3月3日にメジャーデビューしたBerryz工房にとって、この楽曲がラストシングルとなる。『ロマンスを語って』は、最近のBerryz工房には無かったロマン溢れる可愛い楽曲。プロデューサーのつんく♂いわくモータウンサウンドをリスペクトした楽曲で「星が見えてくるようなサウンド」が特徴的。



・ストイックすぎるアイドル宮本佳林が「アイドルサイボーグ」について語る
・モー娘。'14新メンバーの可能性を武道館で検証

『永久(とわ)の歌』は、活動停止という話が具体的に無かった時期に制作された曲にも関わらず、ハロー!プロジェクト・キッズ時代含めた12年間の彼女達の歴史を思いながら、そんな彼女達を、そしてファンを心からリスペクトする気持ちが詰め込まれた楽曲となっているという。つんく♂いわく「ライブの本編ラストもしくはアンコールで唄っているイメージ」。

両楽曲は、10月18日(土)ハーモニーホール座間からスタートする「Berryz工房デビュー10周年記念コンサートツアー2014秋 ~プロフェッショナル~」にて初お披露目される。

・『普通、アイドル10年やってらんないでしょ!?』
ハロプロ情報ゲットならフォローを!→@dwangojpnews


この記事の画像一覧