乃木坂46秋元真夏、4期生出演のドラマCMナレーションを担当「サ行が難しかった」

アイドル 公開日:2020/03/06 12
この記事を
クリップ

3月20日(金)から配信がスタートする乃木坂46 4期生メンバーが出演のドラマ『サムのこと』(dTV)のTVCMが本日から一部地域を除く全国でオンエアされることが発表になった。

また、本日、本ドラマの主題歌が、乃木坂46の25枚目シングルに収録される4期生が歌う楽曲『I see…』に決定した。


【関連】乃木坂46 25thシングル詳細解禁、白石麻衣ソロ曲は本人が作詞


本ドラマは同じアイドルグループのメンバーだった1人が亡くなったことをきっかけに、久々に集まった元メンバーたちが当時を振り返る過程で、仲間を失った喪失感が生きる希望へと変わっていく模様を描いた群像劇。

本日からオンエアされるTVCMは、“乃木坂46の今がここにある”をコンセプトに、ドラマ初挑戦となる乃木坂46の4期生メンバーが演技に対して不安を感じる撮影中の様子から、一転して、本編での堂々たる演技を披露する、メンバーの成長が感じられる内容となっている。


CMのナレーションは、乃木坂46のキャプテンを務める秋元真夏が担当。乃木坂46の中でも、急成長を続ける4期生が乃木坂46の今を体現している存在と表現し、秋元による4期の背中を押すような優しくも力強いナレーションが印象的な内容になっている。これまでさまざまなナレーションを経験している秋元だがTVCMのナレーションは今回が初となる。

ナレーションを撮り終えた秋元は「サ行が苦手で”青春時代を過ごした少女たちの再生”という部分が少し難しかったです。」とコメントするも、ほぼノーミスで撮影は終了。さらに「後輩たちの映像を見ながらナレーションを撮るのはすごく新鮮でした。また、私がいなかったシーンの映像も見ることができたので、私も早く本編を見てみたいです!」と作品への期待感を語った。

また、ドラマの主題歌には、4期生が歌う楽曲『I see…』に決定。4期生メンバーだけで歌われた楽曲ということで、彼女たちらしい、前向きで明るいアップテンポなメロディーに乗せ、ドラマのメッセージでもある<わたしたち大丈夫>という想いを力強く表現している。同楽曲は、3月25日(水)に発売される25thシングル『しあわせの保護色』(Type-D)の中に収録される。

ドラマ配信を記念し、直木賞作家・西加奈子の『サムのこと』『猿に会う』両作品を含んだ短編集が新たに刊行。今回ドラマ化した『サムのこと』(デビュー作『あおい』所収)と『猿に会う』(アンソロジー『東と西1』所収)の初期短編2作を含んだ短編集『サムのこと 猿に会う』が本ドラマの配信を記念し、2020年3月6日(金)に小学館文庫より新たに刊行される。

著者の直木賞作家・西加奈子は「いろんな意味で、過去の自分にしか書くことができなかった短編たちです。皆さんが、どんな風に「今」の魔法をかけてくださるのか、とても楽しみです。」とコメント。“カッコ悪い青春時代を過ごした女子たちの再生と希望”というコンセプトのもと、どちらの作品も普段のメンバーからはとても想像できない異色なキャラクターを演じている。


<秋元真夏 コメント>

サ行が苦手で“青春時代を過ごした少女たちの再生”という部分が少し難しかったです。後輩たちの映像を見ながらナレーションを撮るのはすごく新鮮でした。また、私がいなかったシーンの映像も見ることができたので、私も早く本編を見てみたいです!


■『サムのこと』
配信日時:2020年3月20日(金)、21日(土)、27日(金)、28日(土) 
配信話数:全4話 (各話 約20分) ※各話0時更新
出演:遠藤さくら 早川聖来 田村真佑 掛橋沙耶香 金川紗耶 筒井あやめ 矢久保美緒 / 秋元真夏
山本剛史 村岡希美 中島歩 ほか
原作:「サムのこと 猿に会う」西加奈子(小学館文庫)
(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送


■『猿に会う』
配信日時:2020年4月予定
配信話数:全4話 (各話 約20分)  ※各話0時更新
出演:賀喜遥香 清宮レイ 柴田柚菜 北川悠理 / 堀未央奈 ほか
原作:「サムのこと 猿に会う」西加奈子(小学館文庫)
(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送


※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 5件)