欅坂46渡邉理佐、“もしアイドルじゃなかったら…”憧れの職業明かす

アイドル 公開日:2020/02/25 11
この記事を
クリップ

25日、都内にて「イオンカード 新生活キャンペーン発表イベント」が開催。欅坂46の菅井友香、土生瑞穂、守屋茜、渡邉理佐、田村保乃、森田ひかる、関有美子がキャンペーンにちなんだOL風の衣装で出席した。





衣装について守谷は「普段OLさん風の衣装を着ることがなかなかないので、すごくうれしいです。春がテーマなので顔も明るく見えて気に入っています」と笑顔。関も「OLを経験したことがなくて、憧れを抱いていたので、衣装を着られてすごくうれしかったです」とはにかんだ。


これまでもイオンカードのCMには欅坂46が出演してきたが、今回のキャンペーンCMでは2期生が登場。森田は「2期生の私たちは演技にも初挑戦ということで緊張もあったんですけど、先輩方に助けていただきながら楽しく撮影することができました」と感想を語った。


CM中、森田から憧れられるカメラマンという役柄を演じた渡邉は、1年前のCMではアシスタント役として出演。「今回、アシスタントからカメラマンとして成長していたので、この役のように私自身も成長してしていけたらいいなと思っています」とコメントした。


その後、「もしアイドルになっていなかったら」というテーマでトークが展開。渡邉が「保育士さんに憧れていたので、アイドルじゃなかったら保育士になっていたんじゃないかなと思います」と答えると、田村も「理佐さんと同じになってしまうんですが、保育の勉強をしていたので、欅坂46のオーディションに合格していなかったら保育士になっていたのかなと思います」と続いた。さらに土生は「オーディションを受ける前にヘアメイクの専門学校に行こうと思っていたので、もし欅坂に入っていなかったらメンバーのメイクもしてたのかなと思うと人生なにがあるかわからないなと思いますね」と回想していた。


イベント中盤には、各メンバーが欲しい物をフリップで紹介。温泉旅行を挙げた菅井は「なかなか旅行とか行けないので癒やされるかなと思って。旅館に泊まっておいしいお料理とか食べるのが夢ですね」と目を輝かせ、全身鏡が欲しいという森田は「ダンスの振り付けとかを確認するのに、今はちっちゃい鏡で練習しているので大きいのが欲しい」と打ち明けていた。


菅井から2期生メンバーに向けて、チャレンジする際の気持ちや姿勢についてメッセージが贈られる場面も。菅井は「『艱難汝を玉にす』という言葉が私のモットーなんですけど、困難とか苦労を乗り越えるほど立派な人間になれるんだよという言葉なんです。失敗からも学べることがたくさんあるし、その経験が自分の血となり肉となるから、自信を持ってなんでも挑戦してもらって、欅坂の力になってもらえたらうれしいなって思ってます」とアドバイス。森田は「心にしみました。2020年もアドバイスを活かして挑戦していきたいです」と感銘を受けていた。


最後に菅井は「欅坂46も新しいメンバーが入ってきて、変化の時期にいるのかなと思います。今までしてきたことを大切にしながら、みんなで力を合わせて新しい欅坂46の可能性を広げていけたらいいなと思っています。前向きにどんなことにもチャレンジして、ファンの方に喜んでいただけるように、形としてなにか残せるように精一杯がんばります」と今年の抱負を語った。

※本記事は掲載時点の情報です。

この記事の画像一覧 (全 10件)