「けやき坂 46」から「日向坂 46」へ、感動の青春群像ストーリー単行本化

アイドル 公開日:2020/02/05 6
この記事を
クリップ

東京ドーム公演も決定し、今、最も勢いにのるアイドルグループ「日向坂 46」。 そんな彼女たちのストーリーは、たったひとりの少女から始まった― 。 

『週刊プレイボーイ』(集英社)で、2018年4月から2019年9月にわたって掲載されていた青春群像ストーリー連載「日向坂46ストーリー〜ひらがなからはじめよう〜」を単行本化される。


本書籍では、少女たちが「けやき坂46」から「日向坂46」へと名前を変える前日譚を描いた連載部分に加え、2019年3月に迎えたシングルデビュー後の彼女たちにせまった最終章も新たに書き下ろし。全編にわたりノンフィクションで、今をときめく日向坂46の物語を綴っている。

情報解禁にともない、2019年2月6日(木)0時より、各ネット書店で予約受付を開始。各ネット書店での予約特典として、『週刊プレイボーイ』が撮り下ろした日向坂46メンバーの限定ポストカードを付属予定だ。その他の詳細は、順次、同タイトルの公式Twitterアカウントなどで周知される。


基本情報

●タイトル:『日向坂46ストーリー』

●発売日/2020年3月25日(水) ●定価/1,500円(税込)

●判型/四六判・384ページ ●著者/西中賢治

※本記事は掲載時点の情報です。

関連タグ