AKB48山内瑞葵ソロコン「⽇本を代表するようなアイドルになりたい」懸命のパフォーマンス

アイドル 公開日:2020/01/26 8
この記事を
クリップ

1⽉18⽇(⼟)より9⽇間に渡り「AKB48グループ2020 TDCライブ祭り」を開催したAKB48グループ。最終⽇となる26⽇にはAKB48⼭内瑞葵のソロコンサートがTOKYO DOME CITY HALLにて開催された。

3⽉ 18 ⽇(⽔)にリリースされる AKB48 の 57th シングルにて、表題曲初センターに抜擢された⼭内瑞葵。“魔法使いの⾒習い”の⼭内が⾝分を隠し AKB48 メンバーになっていたところ に、師匠である“マスター・オブ・魔法使い”(⽥⼝愛佳)がやってくるというストーリー仕⽴てで『シンクロときめき』からスタートした山内ソロコンサート。




『それでも好きだよ』では もっと好きになっちゃう魔法「ラッキーずっきー」を使って会場のファンを盛り上げた。 そして、“マスター・オブ・魔法使い”から「このコンサートで“本気”の姿を⾒せるように」と 指⽰され、『Make noise』『右⾜エビデンス』など 4 曲を全⼒のダンスパフォーマンスで魅せた。そして、魔法使いの道ではなく、「いつか⽇本を代表するようなアイドルになりたいです!!」と⼒強く宣⾔し、『私は私』を歌唱。魔法を使うことなく観客の⼼を魅了した。 

アンコールの『⼤声ダイヤモンド』では同期の 16 期⽣メンバーが登場し、⼭内を囲んでパ フォーマンス。続いて当時研究⽣だった 16 期⽣の曲で、⼭内初のセンター曲(浅井七海と W センター)『抱きつこうか?』を披露し、同期ならではの息のあったパフォーマンスで会場を⼤ いに盛り上げた。

⼭内がファンに向けて書いてきたという⼿紙を読み、⽀えてくれるファンへの感謝の⾔葉と共に「センターになったことが本当のゴールじゃなく、まだまだこれから⾃分を磨いて、センターにふさわしいメンバーになれるよう頑張ります︕そして⾃分のパフ ォーマンスで⽇本中、世界中を笑顔にできるように、更に今の AKB48 の魅⼒をたくさんの⼈にお届けできるようになりたいです︕それができた時が、本当の『”MY”Revolution〜(瑞葵 (M)⼭内(Y)⾰命(Revolution)』なので、これからもそばにいてください」と伝えた。 

ラストは『僕は頑張る』を歌詞にあるように 願いが叶うまで全⼒を尽くすことの⼤切さを噛 み締めながら、感謝の気持ちをファンに歌い届け、あたたかい歓声に包まれながら幕を閉じた。

この記事の画像一覧 (全 9件)